Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



2011年3月を表示

Wi-Fi接続

 今日はスマートフォンのWi-Fi接続をしました。やや古いBuffaloの無線ルーターを設置し、AOSSが使えるとのことで試みましたが、なかなか反応しないで困りました。

 結局ルーターの電源を入れ直したりしている内に、突然設定完了となりました。どうして出来なかったのか、またなぜ出来るようになったかは不明。(笑)

 スマートフォンをワンタッチで出来るAOSSアプリはこれです。
  http://buffalo.jp/products/digitalkaden/mobile/android_app/aoss/


    
  実際には直接入力した方が早かったみたいです。

 Wi-Fi接続環境で使うと、さすがに早い~
 Skype電話も明瞭な音で使えました。



2011年3月31日(木)22:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | 仕事の話 | 管理

東電はすぐにでも一時金を!

 日本中のみならず、世界中から義捐金が集まっています。本当に素晴らしいことです。

 しかし肝心の東電は原子炉に対して、遅すぎる対応です。起こしてしまった事故以上に、原子炉問題で避難している人々や、汚染された農家の人たちにすぐにでも一時金を支払うべきです。

 事故に対する責任は無いとでも言うのでしょうか?

 想定外と言えば済むのでしょうか?

 どうであれ困っている人に、義捐金だけで今を過ごせとはあまりにも酷すぎます。とにかく沈静化するまでホテル住まいできるお金を出すべきです。

 政府もとにかく、津波の被災者に一時金を支給出来るよう検討すべきです。 民間のボランティア、義捐金頼りでは情けないことです。何年も経ってからお金をもらっても、何にもなりません。

 マスコミも義捐金の美談ばかりニュースにしていますが、政府の対応の遅さを問題にすべきなのです。家も財産も何もない人を、いつまであのままにしておくのでしょうか?

 早急に特別予算を組んで、復興計画を出さないと先が見えません。一時金くらいならどんなにかかっても、数千億円程度で済むことです。
 



2011年3月29日(火)23:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

プルトニウム

 予想した通りでした。やっぱりプルトニウムが出ていました。

 炉心は大丈夫と言い張っていましたが、確かに破裂はしていませんが、圧力容器から出ている配管を伝うか、圧力容器に一部穴が開いたか、または使用済み核燃料プールが壊れているか、どちらにしても漏れていることは明白なのに、検査もしないで大丈夫とはよく言えた物です。

 開いた口が塞がりません。政府御用達のいい加減な評論家も同罪です。初めから漏れているのは明白でした。

 大げさに言えば社会不安を起こすからという理由で、解っているのに、小出しに過小評価した説明では不安が積もるばかりです。

 政府の発言は東電から聞いたことを、そのまま話しているだけです。経済産業省原子力安全・保安院はもちろんインチキです。ほとんど何も仕事をしていません。権力を振り回すだけの、天下り役人です。

 実際に仕事しているのは、東電の下っ端と、下請けです。劣悪な環境で危険と対峙している姿は、全く可哀相な話です。それもたった400人~800人とは、交代を考えれば少なくとも数千人単位でないと続きません。やる気になれば自衛隊でも何でも、ヘリで交代要員や、食料を運ぶことくらいわけないことです。



2011年3月29日(火)04:19 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

東電は一体どうなっているの?

福島第一原子力発電所2号機タービン建屋近くの立て坑が水で満たされ・・・

 次から次へと新しい問題が出てきます。繋がっていればモルタルで塞いであるだけでは、当然流れ出て来ることぐらい解りそうなものを、何を今更とあきれます。

 
 以前から格納容器は破損していないと言い切っていましたが、確かに容器は分厚い鋼鉄だからともかく、それに繋がる配管は破損していることは明白なのに、可能性があるとか、無いとか言っていました。

 あれほど高濃度の放射性物質を出し続けているのに、可能性があるかもとは、白々しいにもほどがあります。

 
 何が心配かって、プルトニウムです。これほど毒性の強い物はありません。それを今まで測ってもいなかったとはあきれます。 

 もし出ているようだと、これはこれは大変なことです。



2011年3月28日(月)20:36 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

選挙

 知り合いが立候補する、選挙事務所を訪問しました。今日はとても人が多くて、賑わっていました。

 選挙事務所は賑わいがないと、当選は難しいと言います。今日の具合で何となく当選しそうな気がしました。

 近くの喫茶店で遅い昼食を摂りました。



 ちょっとレトロな感じの小さな喫茶店です。ケーキも作って販売しています。

 こういう感じの、一人でも気軽に入れる喫茶店が好きです。



2011年3月27日(日)23:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

友人と

 時間が出来たので、友人と食事しました。急に寒くなって、冬に逆戻りです。

 静岡県でこの寒さ、被災地の人はさぞや大変だろうと思います。


 原子炉問題はいつまで経っても終息の目安が立ちません。相当量の放射性物質を出し続けています。

 安定冷却に成功しても、ヨードはともかく、半減期の長いセシウムは、今後どうするのでしょう。

 全く先が見えません。事故直後だけでなく、その後の対応も、東電の不始末が目立つばかりです。外国からも指摘されていますが、今の10倍くらいの人数を用意して、それぞれ短時間で交代させながら、工事をする以外に良い解決法は無いような気がします。

 



2011年3月26日(土)23:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

スマートフォンの入力

 スマートフォンの入力に苦労しています。

 慣れれば良いのでしょうが、メールを打つにもなかなか上手く打てません。普通のキーボードが欲しい~~っ


 アプリを探したら、ありました。

「ServersMan」はAndroid携帯をサーバーに変身させてしまうアプリ
   http://octoba.net/archives/20100126-serversman-android-360.html


 パソコンからAndroidの中身を操作したり、Webサービスを提供したりと様々な事ができます!

 まだ使っていませんが、慣れたらDLの予定です。



2011年3月25日(金)23:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

毎日新聞社説に思う

毎日新聞社説:放射能汚染 健康影響を丁寧に示せ

 食品や飲料水への放射能汚染の影響が広がっている。
ただちに健康に影響はない。でも、念のため飲んだり食べたりしないでほしい」というものだ。
 この、一見矛盾するメッセージをどう受け止めればいいのか。
 その場所で普通に暮らしている人が、総量でどれぐらいの放射線を浴びているのか。長期的にさらされなければ問題ないという場合の、「長期」とはどれぐらいか。「健康影響」とは何を意味するのかも、安心を求めるなら、なおさら明確に語ってもらいたい。 
 



 以上のような趣旨の毎日新聞の社説でした。

 これは実際にはとても難しい問題です。体内被曝では一見安全といわれる量でも、実際には閾値は無いのかもしれません。摂取した量に比例して、将来の発癌ののリスクは多くなると言えます。

 現在事故が未だ収束していないのだから、これからどれだけ出続けるか判りません。さらに空気中に飛散した放射性物質、特に半減期の長いセシウムは飲料水、土壌、海水等に拡散していきます。もし出続ければ、何年かの間には世界中に拡散します。

 一見薄まるようですが、特に海産物では食物連鎖から、かなり高いセシウムを含む魚が心配されます。

 現状はとても人間の手に負えない感じすらします。まるで神の罰かと思わせるほど、どうにもならない状態です。いつかは収束するのでしょうが、一体どれくらい放射性物質を出すのでしょう。

 思えば先進国では、夏は汗一つかかない程涼しくクーラーが効き、冬は寒さ知らず、蛇口を捻れば好きなだけお湯が出て、そんな快適な生活をしてきました。世界中の人々がこの生活を目指せば、現在原子力しかエネルギー源は無いでしょう。

 この事故をきっかけにエネルギー問題は、地球温暖化問題と相まって、新しい局面に入っていくでしょう。果たして素晴らしい答えはあるのでしょうか?



2011年3月24日(木)23:03 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

スマートフォン

 ついに購入となりました。さんざん迷ったのですが、お財布携帯もついているので、MEDIASにしました。


 ほとんど使い方が解りません。まずはお財布携帯の引っ越しからです。SIMカードを差し替えて、旧携帯からサーバーに預けて、新しい携帯で登録です。これだけでも沢山使っているので大変です。

 使うのは大変ですが、PCをもって歩いているのと同じだから、外出先で検索には便利です。

 だけど使い方が慣れなくて、当分電話だけです。メールは何とか受けることは出来そうです。そのまま返信も出来そうですが、新規メールは怪しいかも・・・



2011年3月23日(水)22:07 | トラックバック(0) | コメント(2) | 仕事の話 | 管理

「将来の危機管理体制」

アゴラによくまとまった意見が出ていました。

  http://agora-web.jp/archives/1285649.html

「将来の危機管理体制」
 今回の事件で、日本人の長所と短所がまたはっきりと示されたと見ている。短所は「組織的取り組みの弱さ」と「上層部の決断の遅さ」と述べられています。
 上層部はたとえ失敗しても、直ちに決定すべきだと。失敗して責任を取るのが嫌な人はそういう地位につく資格がないのである。



 指摘の通りだと思います。「平和ぼけと」いわれるように、本当の危機が無かったこともあるのでしょう。
 一つには日本が軍隊を持っていないことも、少なからず関係すると思っています。日本が軍隊を持つべきかどうかは、いろんな意見があると思います。個人的には、今の自衛隊を充実させればいいと思っています。



2011年3月22日(火)00:24 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

ダーリンは外国人

 連日お気の毒な被災地の方々の映像ばかり見続けていました。あまりにも悲惨で、このままではトラウマになりそうで、ちょっと息抜きに軽い映画を見ました。

「ダーリンは外国人」


監督: 宇恵和昭

キャスト:
井上真央 (さおり) ジョナサン・シェア (トニー) 国仲涼子 戸田菜穂 國村隼 大竹しのぶ

あらすじ:
 漫画家を夢見るイラストレーター・さおり(井上真央)と、“漢字”の美しさに一目ぼれして来日したアメリカ人・トニー(ジョナサン・シェア)はひょんなことから出会い、つきあうようになった。ところが、“外国人なダーリン”トニーの言動は、さおりにとって理解できないことばかり

 交際を続けるうち、二人は日本とアメリカの文化の違いを実感します。結婚に反対の父の問題や、漫画の仕事がようやく認められるようになり、仕事に没頭するさおり、やがてお互いの心がすれ違い始める……。

感想:
 同名の漫画から映画化された作品です。文化の違いをコミカルに描いていてとても面白いのですが、二人の間に言葉による障害が有るようで、実はほとんど無いのです。

 日頃トニーはとんちんかんな言葉を使ったりしますが、肝心な話では日本語の表現が上手なのです。都合よく出来ています。喧嘩ともなると、普通外国語ではついついひどい言葉を使いがちですが、とても紳士的で、物静かで、思慮深く、信じられないほど優しいのです。

 しかしさおりの仕事が大変になるに従って、会話も無くなっていく様子はさすがに本職の体験から来ているのでしょう。リアリティーがありました。ごく普通の日本の家庭にある、夫は仕事ばかりで家庭を顧みない、というパターンです。

 国際結婚は最近では珍しくなりましたが、実際に外国の人と結婚すればこの映画以上に大変なことが多いのでしょう。

 仕事上ですが外国の方と話すとき、中途半端に話せる人とは、一見通じているようで微妙な点で通じていないことが有って、些細な事で誤解を招くことがあります 
 むしろほとんど話せない人は、一生懸命話すので、とても可愛く感じることもあります。

 気楽に見られる良い映画です。



2011年3月21日(月)01:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

プロ野球開幕は

 そもそも福島の原発は、主に東京の電力を賄うための物でもありました。

 都内は計画停電に入っていないけれど、みんなが節電を心がけ、何とか停電時間を少なくしようと協力しています。

 なのにナイトゲームを開催する発想には、多くの異論があるでしょう。

 渡邉 恒雄は、巨人軍激励会燦燦会での取材にて、計画停電が起こっている関東と東北で大規模停電が起こる可能性があるにも関わらず、「変える必要が無い」と予定通りセ・リーグは3月25日に開幕すると発表。

 延期を決めたパ・リーグに対しては「こういう時には何もやらない方が良いというなら勝手にしろっ!」と言い放った。

 ボケが始まったのでしょうか?もういい加減に引退したほうが世の中のためかと。(笑)

 言っときますが、元々アンチ巨人ですから・・・ナベツネは嫌い!

 阪神ファンです(キッパリ)

 



2011年3月20日(日)20:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

直ちに健康に影響はない!

 政府は「人体に影響はない」とばかり繰り返していますが、報道を注意深く聞くと「放射線を浴びても、直ちに健康に影響はない。」「汚染した空気を吸っても、直ちに健康に影響がない。」と言っているのです。

 嘘は言っていません。「直ちに・・・」とはすぐには問題ないと言っているのです。「長期的には解りません。」と、あえて言えば「長期的には影響があります。」と言っているのです。

 人体になんの影響もない放射性物質などありません。

 放射線を浴びてもよほど多くなければ、直ちに健康に被害はありません。一過性に浴びる放射線はたいした事はないのです。少量でも放射性物質が体内に取り込まれると、出て行かない限り放射線を出し続けます。

 長期的にはDNAを破壊し、発癌します。いろいろな意見はありますが、浴びて良い安全な放射線ははありません。少しでも浴びない方が良いのです。

 自然界から浴びていると言いますが、それも浴びない方が良いのです。

 空気中にも放射性物質はあるのですが、それも吸わない方が良いのです。以前の核実験で漂っているコバルト、プルトニウム等、吸わない方が良いのです。長い間に癌の原因になるのです。

 最近たばこを吸うと、肺に鉄が沈着しやすくなり、それに伴いコバルトなどが沈着し、その放射線で発癌するという研究結果がありました。

 放射線が生物のDNAに作用して、長い間に生物の進化になった。そのような考えもあります。

 しかし個体にとっては、体に影響がない放射線などありません。安全量はありません。安全な量は実はゼロなのです。少なければ少ないほど良いのです。

 もちろん全員が発癌するわけではありませんから、神経質になる事は無いのですが、とにかく長期的には影響はあるのです。

 そういった危険を承知で頑張っている現地の人たちには、頭が下がります。隊員を送り出した家族の方が、「すぐに死なないなら、少々寿命が短くなっても良いから、職務を果たして欲しい!」この言葉は涙無しでは聞けませんでした。かっての特攻隊そのものです。

 日本人の素晴らしさは、世界中からも賞賛の嵐です。

 こんなに頑張っている人たちがいるのだから、必ずや収まると信じています。



2011年3月19日(土)23:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

手遅れ

 今回の騒動を見ていると、手遅れが目立ちます。安全安全といっていましたが、想定外、想定外と叫ぶばかりです。

 先手を打って、浜岡原発は止める方が良いでしょう。浜岡原発は中部電力系ですから、発電は60サイクルです。50サイクル地区には殆ど役に立ちません。

 この際中部の人たちも節電し、引き続くかもしれない東海大地震に備えましょう。地震は連続しない?絶対地震は来ないのか?えっどうなんだ・・・・

 東海地震の方が先に来ると言ってたじゃないの!

 浜岡原発止めて何が悪いの?
 来ちゃったら・・・想定外とは言わせません!



 こういった政策が本当の先手です。(笑)

 中電はいくら住民が言っても、政府が命令しない限り絶対止めません。
 政府はこれからの原子力発電の政策を検討・・・

 だから検討はもう結構です(キッパリ)、

 すぐに原発止めて、すぐ冷やせ、どんどん冷せぇ~~~~~~~~



2011年3月19日(土)00:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

原子力安全・保安院

 経済産業省の一機関である原子力安全・保安院は一体何のためにあるのでしょうか?

 ほとんど役に立っていないばかりか、東電の話をそのまま伝えているだけです。記者会見でも、答えはあやふや、見当違い、書類を読んでいるだけ、典型的な天下りの組織のように見えました。

 現場で指揮を執るのかと思いきや、事件が起こるといの一番に逃げ出しています。



2011年3月18日(金)23:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

テレビに、お気をつけください

 臨床心理士の方から、この時期とても有意義なメールが届きました。

 被災された方はとてもお気の毒です。これは報道の仕方についての問題です。
 
 物がないという映像が流れますが、報道の人はそこへカメラを持ち込んでいるのだし、撮影用のライトも、電気も持ち込んでいるのです。
 撮影している余裕があるなら、何かできることあるのではと疑問に思うこともあります。

 さてそのメールは

◆◇「テレビに、お気をつけください」◆
*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。

というメールを臨床心理士の方から:

 「テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

 人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

 身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組にしてください。

***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!***

 トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

 サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガティブなインパクトは甚大だったといいます。」




 全くその通りだと思いました。ショッキングで、可哀相な映像を必要以上に繰り返し放映するのは、疑問です。視聴者は報道に対しても、冷静な判断や、批判の目を失ってはいけないのです。



2011年3月17日(木)23:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

東京電力福島第1原発3号機の問題

 東京電力福島第1原発3号機では、昨年9月からプルトニウムを含むMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料を燃やすプルサーマル運転が行われていました。運転開始から30年もたった老朽化した原子炉で使用し始めたので、心配した人も居ました。

 一般的な商用原子炉である軽水炉から得られたプルトニウムは少なくとも20%の Pu を含んでいます。ウランは原子炉の中でプルトニウム239Puになって燃えるので、新たに燃料を入れてから3年経った燃料のプルトニウムによる発電の割合は約60%にもなるそうです。

 3号機にどれくらいプルトニウムが入っているか判りませんが、プルサーマルの場合は4~9%のプルトニウムの入ったMOX(ウラン・プルトニウム239 Puと241 Pu混合酸化物)が使われています。他の原子炉よりかなり沢山入っているでしょう。メルトダウンを起こせば、どちらにしてもプルトニウムが出るから、とりわけ3号機だけが危ないというわけではありませんが、気分の悪い話です。

 どれも半減期が長く、238Pu は87年、239 Puは2万年、240Puは6500年、241 Puは14年です。

 プルトニウムは他の放射性物質よりも圧倒的に毒性が強く、鉛に似た性質を持っています。腸管からは吸収されにくいのですが、気道から吸い込むと、肺に沈着します。さらに胸のリンパ節に取り込まれるか、あるいは血管を経由して骨と肝臓に沈着します。
 半減期はとても長いのですが、体からは20年から50年くらいで排出されます。とても排泄されにくいのでメチャメチャに毒性が強く、アルファ線を出すため非常に肺ガンになりやすいと言われています。

 たばこの害とは比べものになりません。禁煙とか分煙とか言っていた人たちを、あざ笑うかのような大事件なのです。



2011年3月16日(水)23:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

体内被曝 (セシウム、ヨウ素、ストロンチウム)

 原子炉事故では、放射線を出す物質が沢山出ます。アルファー線、ベーター線など一過性に浴びるものもありますが、放射線を出す物質つまり「放射性物質」も大量に出ます。

 身体に一過性に放射線を浴びるのと、「放射性物質」を体内に取り込んでしまう体内被曝とは、問題が全然違います。一過性に浴びるのはレントゲン検査を受けたのと同じで、かなり大量に浴びても白血球が減ったりしますが、乗り越えれば回復します。

 飲み込んじゃったりして体内に留まると、放射線を出し続けます。少量でも放射線を出し続けるから、癌になる可能性が高まります。

 TVの説明では放射線量だけを説明していますが、一過性に浴びるのと、体内被曝との区別を厳格にしていないのが気になります。

 体内部被曝のうちで問題となる物質は、セシウム、ヨウ素、ストロンチウムの3つです。

 セシウムはカリウムに似ています。ストロンチウムはカルシュウムに似ています。種類はあります。検査に使うものはごく短いのですが、半減期の長いものが問題です。どちらも30年位あります。体に入ってしまうと、30年以上放射線を出し続けます。

 セシウムは腸管から体内に取り込まれ体中に分布しますが、比較的容易に体内から排出されます。大量に飲み込んだ場合「ラディオガルダーゼカプセル」を飲めば、吸収を抑え便に出るように出来ます。

 ストロンチウムは骨に集まり、白血病になります。どちらも腸管から吸収されやすいので、食べ物や飲み物に注意が必要です。

 ヨウ素は甲状腺に集まるので、放射性のあるヨウ素ガスを吸うと甲状腺に吸収されます。長い間に甲状腺になります。甲状腺癌は進行が遅く直ぐに死ぬような癌ではありませんが、やっかいな癌です。

 安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)を摂取すると、甲状腺は薬に含まれるヨウ素で満たされ、、放射性ヨウ素の入り込む余地がなくなって、甲状腺を放射線の害から保護できます。
 
 40歳以上ではそれほど取り込まないので、ヨウ化カリウムを飲む必要がありません。



2011年3月15日(火)23:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

ポンプの燃料が入っていなかったのが原因

 福島第一原子力発電所2号機で、14日午後6時20分から海水を入れる作業を始めましたが、その後、海水が入っていることが確認できず、原子炉の中にある燃料棒がすべて露出している可能性があることを明らかにしました。「炉心が溶けた可能性は否定できない」としています。

 経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、原子炉に海水を入れるためのポンプがうまく働いていないため、水を入れることができない状態になっているということです。
-------------------------------------
上記の記事ですが、びっくりです。

 驚くことにポンプの燃料が入っていなかったのが原因だそうです。故障というよりガス欠です。

 話になりません。こんな事でメルトダウンしたら笑い話にもなりません。馬鹿としか言いようがありません。

 被爆の危険にもめげず、頑張っている皆様を讃えたいのですが、誰かしっかりした指示をしないとせっかくの苦労も水の泡(むしろ水素の泡)

 東電本部のうろたえ振りを見ると、本当に心配になります。


 どの原子炉にも大丈夫なように、ポンプ車をどんどん用意しないと手遅れになります。

 残りの原子炉にもいつでも海水を入れられるよう準備しているとばっかり思っていました。やっぱり対応が少しずつ遅れているようです。


 



2011年3月14日(月)20:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

安否を心配しています。

 仙台に知人が居ますが、連絡が取れません。海側でないのでたぶん大丈夫とは思っていますが、とても心配です。

 TVの報道もショッキングな映像ばかりです。そのような映像も必要かもしれません。けれどもう少し実体のある映像も流して欲しいのですが、難しいのでしょうね~~

 



2011年3月13日(日)21:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理


(1/2ページ)
>1< 2 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買