Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



陶芸
==Explain==
陶芸が趣味。アマチュアですが、陶芸教室の師範代をしてます。師範はロクロを使わないので、私がもっぱら電動ロクロを教えています。

静岡陶芸美術館 その2

 1955年に「陶芸」で初めて重要無形文化財保持者に認定された、荒川豊三、石黒宗麿、富本憲吉、浜田正二から2017年認定の福島善三まで37人すべての作品が展示されているので壮観でした。


 これは富本憲吉の絵皿です。説明にあるように「模様より模様を造らず」と古典的な模様や、先人の模様を取り入れませんでした。

 日本画では特に狩野派は先代の模写から入るのが普通でした。そのため日本絵画は定型化してい。



 備前中興の祖である金重陶陽の作品です。現在の備前焼を復活させました。


 金重陶陽の弟子である藤原啓の作品です。備前焼きを発展進化させました。

 典型的な形から新しいジャンルを作りました。

 重要無形文化財保持者は陶芸の中では備前焼が一番多く輩出しています。
 



 萩焼と言えばこれ三輪休雪です。


 鈴木蔵は美濃焼の中でも志野焼です。

 志野焼は登り窯が出来る前の穴窯の時代の作品が名品です。

 現在でも加藤孝造のように穴窯で作っている方と、ガス窯で作っている方が有ります。

 穴窯は偶然性が強く、ガス窯の方が技術的には大変です。

 隣の陶芸教室を覗いたら、偶然にも館長の「植松弘行」さんにお会いしました。本業は建設業で、趣味で焼き物を収集し、美術館を作り、作陶だけでなく教室も持っておられます。

 陶芸談議に花が咲きました。



Jan.15.2021(Fri)13:03 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

静岡陶芸美術館

 沼津にあるのですが、「静岡陶芸美術館」に行って来ました。「人間国宝」認定された37人すべての作品が展示されていました。

 どの作品も代表的なものばかりで、流石という物ばかりでした。館内は写真撮影が許可されていて、何枚か写真を撮ってきました。



 ちょっと場所がわかりにくいのですが、ららぽーと沼津に横にあります。


 小ぶりな建物ですが、とても綺麗な建物でした。右隣に小さな建物が有り、陶芸教室になっていました。


 入館料を払うと、お盆に乗せた焼き物が出て希望の物一つがサービスされました。

 無くなり次第終わるそうです。



 いきなり第一回人間国宝「荒川豊蔵」の鼠志野です。説明にあるように、岐阜県可児市の古窯跡から陶片を発見し、桃山時代の志野の再現に尽力しました。

 感動的な作品です。



Jan.14.2021(Thu)20:16 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

陶器市

 エコパで昨日から始まった「大陶器市」に行きました。

 ほぼ日本中の焼き物が集まっていました。


 

 



 日曜日とあって沢山の人出でした。野外店舗ですが入口で体温測定、アルコール消毒、連絡先記載と厳重に管理されています。


 例年開催されるのですが、古典的なものもありますが、少しずつ近代的なデザインのものが増えていました。

 やっぱり商品ともなると、売れるものを作っていかなくてはならない厳しさを感じました。



 瀬戸の織部ですが、従来の形とは少し違ったお洒落な形が目につきました。


Jan.10.2021(Sun)18:50 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

屋久杉のお盆に

 先日屋久島で購入したお盆に、昔作った徳利と杯を載せてみました。

 なかなか良い感じになりました。やっぱり杉のお盆には和食器が似合います。

 徳利は信楽焼で薪窯で焚きました。青磁の杯はガス窯で焼きました。



Dec.4.2020(Fri)14:30 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

土屋誠一 「祈 展」

 菊川市の「花いかだ」で今日から土屋誠一氏の「祈展」が始まり早速訪問しました。

 「花いかだ」では木工や、茶道具、万華鏡などを扱っていて時々陶芸作家さんの展示があります。

 土屋誠一氏は金谷にある工房で石の彫刻、主に石地蔵を製作しておられます。

 静岡県内で時々個展を開いておられます。作風は自然石を生かした素朴な作りです。



 初めに目についたのが「あまびえ」の石像でした。土屋誠一氏の自由な作風を代表するような作品です。


 小さな小石に一部分だけ顔を彫り込んだ作品は、まるでマリア像のようで面白いと思いました。



Sep.12.2020(Sat)18:37 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

「苔g」X「陶工房 修」コラボ作品展

 牧之原市役所近くの「ギャラリー相良」で苔の展示と、陶芸作品の展示会が開催されているので、見に行きました。

 苔は全く知識が無くよく解りませんでした。陶芸展はいろんな種類の作品が出ていました。

 会場がやや狭くて照明もなく、展示物も少なく、あまり盛り上がりませんでした。



Aug.16.2020(Sun)17:38 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

鈴木青宵(すずきせいしょう)作陶展

 鈴木青宵(すずきせいしょう)作陶展のお知らせの葉書が来ました。

 鈴木さんは天竜で「直透窯」という工房を持たれて、志都呂焼を焼いておられます。

 作品展は2020年7月22日から26日まで、菊川市下平川の「陶美庵・花いかだ」で開催されます。

 
 
 「陶美庵・花いかだ」の御主人は以前からの知り合いでしたが、お店が変わったので疎遠になっていました。

 久しぶりに訪問しましたところ、最近は茶道をする人が減り、茶道具の焼き物などは売れ行きがさっぱりだそうです。

 以前は備前焼の作家さんの物をよく扱っておられました。その作家さんも今は作陶をお辞めになったそうです。

 「花いかだ」さんで轆轤実演があったとき、素人参加ということで触ったことがあります。少しは出来るようだと言って、私が回している土に水をビシャビシャと掛けました。

 「崩れると思うでしょう、所がこれくらいの水を使っても崩れないんだから!」と言われました。

 つまり土に粘りがあり、普通より沢山の水を使っても崩れない凄い土なのでした。沢山の水を使えるなら、軽い力で薄く作れ、楽に伸ばせます。

 轆轤の技術以上にプロは使っている土が違うと、思ったことがありました。

 陶芸をやっていたので、作品を買うことは殆ど無くてあまり良いお客さんではありませんでしたが、昔の話に花が咲きました。



 志都呂焼は小堀遠州の「遠州七窯」の一つで、特に茶壷、茶入れが有名です。

 七窯とは志戸呂焼(遠江:遠州)、膳所焼(近江)、朝日焼(山城)、赤膚焼(大和)、古曽部焼(摂津)、上野焼(豊前)、高取焼(筑前)あるいは伊賀焼を入れる場合もあります。
 



Jul.4.2020(Sat)12:00 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

カップ &ソーサー

 先日常滑の「渡辺章製陶所」の体験陶芸で作ったコーヒーカップとソーサーです。「渡辺章製陶所」は、常滑やきもの散歩道の途中にある大きな登り窯の近くにありました。

 粉引きにしてもらいましたが、なかなか良い感じになりました。写真だと実物以上に綺麗なくらい(笑)

 持ってみると皿が少し重いけれど、手に持たないので合格。カップは軽くて持ちやすく合格です。

 常滑の土は初めてなので、どれくらい伸ばせるか分からなかったので、皿は薄く引けませんでした。

 もちろん裏をもう少し削ればいいのですが、そこは人任せだから。



Nov.28.2019(Thu)17:36 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

ささま国際陶芸祭

 大井川鐡道の川根温泉笹間渡から、東に向かうと笹間があります。山深い所で時々車がすれ違えないような道です。

 11月1日から4日まで「ささま国際陶芸祭」が開催されています。1~2日は有料の学会のようで、3~4日は一般客用の催しでした。



 もみ殻を使って焼成していました。古代の野焼きに近い方法だそうです。作品も現代的でシャモットを使って、部分的に焼けない所を作る作品でした。

 今回の展示の中でも、最も前衛的で力のある作品のように思いました。作者の方ともお話しできました。



 とてもお若い陶芸家ですが、白磁の透かし作りの作品でした。とても丁寧な作りで感心しました。

 真空土練機の話などをしました。



 店舗は沢山出ていました。今回外国の方の店も多く、作品にバラエティーがありました。

 午後だったせいか、それほどの人出ではありませんでした。



 素焼きの皿などに、お客さんが絵を描きた物を、七輪のような窯で炭を使って焼成します。

 ドライヤーで送風し、その場で短時間で焼成していました。

 言ってみれば上絵付のような感じです。

 
 00陶芸祭りなどによく行きますが。当然同じような物が多くなります。特に備前祭りなどはほぼ全て備前焼きです。

 今回は外国からの陶芸家の作品が多くて、色とりどりでとても面白く見られました。



Nov.3.2019(Sun)20:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

志都呂焼

 島田市の「しずぎんギャラリー四季」で開催されている「志都呂と高麗」の展示会に行きました。

 鈴木青宵さんの作品で、表題通り志都呂焼の大きな壺からぐい飲み迄展示されていました。志都呂焼きはお茶入れと茶壷が有名です。

 小堀遠州が見出して、遠州七窯の一つに挙げられていました。

 



 作者の鈴木さんもおられて、お話を聞けました。


Oct.27.2019(Sun)16:58 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

資生堂アートハウス

 昨日「資生堂アートハウス」に行きました。

 今回の展示は「第二次工藝を我らに第一回展 資生堂が提案する美しい生活のための展覧会」と長い題でした。

 この美術館はとても綺麗ですが展示物がとても少なくて、ぐるっと見て回るとあっという間に終わりです。その代わり無料です。

 写真撮影が許されている物もありました。



 十四代今泉今右衛門の「色絵雪花薄墨墨はじき雪文椀プレート」と富本健吉の「土焼水注」、バカラのコブレット。

 題は「朝食」



 蝋などでマスキングして、霧吹きなどで黒い釉薬を吹き付けて生地を白抜きにしたものです。


 鉄製の行灯、ケトルと大ぶりの土物の茶碗の組み合わせです。


 茶室の部屋に似合っていました。


Sep.29.2019(Sun)19:44 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

志都呂焼

 島田市博物館で「郷土の焼き物・志都呂焼展」で展示されているのを見に行きました。

 大井川沿いにある博物館は大変立派でした。江戸時代大井川の渡しの街道沿いに建てられていて、別館が少し離れた、地主の邸宅跡にあります。

 旧街道は当時の建物が、ほんの少し残っています。



 志都呂焼きは遠州七窯の一つとされています。

 ちなみに七窯は志戸呂焼(遠江:遠州)、膳所焼(近江)、朝日焼(山城)、赤膚焼(大和)、古曽部焼(摂津)、上野焼(豊前)、高取焼(筑前)あるいは古曽部にかわり伊賀焼とされています。

 志都呂焼きは特に茶入れで有名です。






 今回の展示物はさほど多くはありませんでしたが、古いものが出ていました。

 



 常設の部屋で見かけた、島田髷の種類の展示が興味が引かれました。

 時代と伴に髷が低く成っていったようです。



Sep.1.2019(Sun)21:32 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

陶芸仲間の方を偲ぶ会

 ご高齢の方が亡くなったので、今日偲ぶ会がありました。

 御前崎の「なぶら市場」へ行ったら、ヒラメがあったので時季外れでしたが一匹下ろしてもらい、生の本メジを少々買いました。

 下ろしてもらっている間に、カツオが馬鹿安で追加しました。結局ものすごい量になりました。

 集まったみんなから量を考えろとか言われて、急遽一人呼びました。

 みんなで懸命に食べましたが、カツオは半身以上、ヒラメもかなり残りました。



 友人に聞いたら、違う漁港でもカツオが入れ食いで大安売りだったそうです。

 写真からも解るように超新鮮でした。とてもいいカツオで、マグロがあるのでカツオは土佐造りにしました。


 結局大量に残りました。量を考えろと言われましたが、みんなの持ち寄りの宴会で、魚はわたくし持ちなので最終的にはみんな満足してくれました。



Jun.23.2019(Sun)23:56 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

京焼

 京都土産に小さなデミタスカップをいただきました。ぐい飲みにも使える大きさです。

 小さなカップの中にも京焼の雅が現れています。独特の美しさがあります。



 

 



Jul.15.2018(Sun)21:37 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

常滑やきもの散歩道

 昨日半田祭りが終わってから、常滑の「やきもの散歩道」もツアーに入っていました。

 かなり前に陶芸祭りに訪問したことがありましたが、散歩道は初めてです。

 陶磁器会館からAとBコースがあります。今回は短い方のAコースでした。

 初めに見守り猫「とこにゃん」を見ました。巨大な招き猫が道路脇の高台に作られています。



 その前に実物大でしょうか、写実的な親子の猫の象があります。


 土管坂など道の壁には、土管が埋め込まれています。

 坂道には「ケサワ」という土管の焼成時に使用した捨て輪の廃材を敷き詰め、滑らず歩きやすいように工夫されています。



 「やきもの散歩道」にはこんな感じの店や、おしゃれな店、殆ど陶芸工房のような店などが沢山あります。

 時間が無く、てゆっくり見られなかったのが残念です。



 陶器だけでなくて、工房脇に作られた食事の店などは休日とあって、賑わっていました。

 機会を見て再訪問したいと思いました。次回は時間をかけてゆっくり見て回りたいものです。



Oct.9.2017(Mon)20:47 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

一日中忙しくて

 仕事ばっかりしていました。夕方まで結構な雨でしたが、帰宅する頃には爽やかな天気となりました。

 何処かへ出かけたい雰囲気です。

 東京国立博物館で特別展「茶の湯」 が開催されています。とても見たいのですが、日曜日は混み合うので今回は諦めました。5月7日迄は、有名な窯変天目「稲葉」も出ていました。

 国宝志野茶碗「卯花垣」、重文「雨漏茶碗」など多数の茶碗が見物です。

 中でも青磁輪花茶碗 銘「馬蝗絆」は修理に出したら、金属の楔を打ち込んで帰ってきたという凄い物です。

 



May.12.2017(Fri)23:39 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

富有柿

岐阜県発祥の富有柿中でも糸貫の柿をゲットしました。

 富有柿と次郎柿は柿の代表格です。次郎柿が丸い形なのに富有柿はふっくらと少し角形をしています。
 甘みは富有柿の方が強いとされています。関西では富有柿が主ですし、全国的にも一番多く生産されています。

 この皿は私が焼いた信楽焼です。信楽焼は備前焼と同様に釉薬を掛けません。薪の窯で焼くと灰が掛かってこのようになります。柿に似合っているような。

 自画自賛(笑)



Nov.27.2016(Sun)22:02 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

火襷(ひだすき)

 備前、信楽など焼締めの陶器は、無釉なので焼成中にくっつくことが少なく重ねて焼成します。

 灰などが掛かってくっつくことを防ぐため、藁でくるんだりしました。重なったところは灰もかぶらないのし還元気味になるので白くなり、藁の跡が赤く付きます。

 この赤い模様を火襷と言います。備前では普通は薪の窯で焼成しますが、単純な火襷は電気窯で焼成できます。備前では窯で焼成した火襷は高価で、電気窯で焼成した火襷は比較的安価でした。


 これは以前信楽の土で作った物ですが、皿に藁を敷いてその上に他の物を載せて焼きました。物を載せたところには灰が掛からず白くなり、赤く藁の模様がでています。



Oct.27.2016(Thu)23:14 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

備前焼

 買ってきた小さな備前の壺です。ちなみに奥の壺は私の作った物です。

 伊部では、備前焼以外の焼き物は殆どありません。全て伝統的な備前焼です。

 それだけに形には厳しく、どの陶芸家も伝統の中に自分の形を求めています。また備前の土は鉄分を多く含み、とても重いので、極めて薄く轆轤(ろくろ)引きします。粘りのある土なので技量の差が現れます。そんな備前が大好きです。

 最近は窯の手前に置いた、窯変物が喜ばれます。備前の行き詰まりなのかもしれません。



Oct.17.2016(Mon)21:41 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin

備前焼祭り

 10月15日、16日は「備前焼まつり」です。16日に備前に行ってきました。

 以前にも行ったことがありますが、静かな伊部の街も今日はとても賑やかです。



 高級店も今日は気楽に入れます。おおよそ定価の2割引きくらいです。


 メイン通りのお店は、店の奥に窯があり、打ち立ての蕎麦も臨時営業していて賑わっていました。


 安いのでしょうが、結構な値段の花瓶。


 なぜか阿波踊りの実演もあり、盛り上がっていました。

 とても小さな花瓶を買いました。小さいけれど形が気に入っています。



Oct.16.2016(Sun)20:46 | Trackback(0) | Comment(0) | 陶芸 | Admin


(1/7page)
>1< 2 3 4 5 6 7 End