Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



2005年4月を表示

「シモーヌ」 主演 アル・パチーノ

’03 年の映画で「シモーヌ」というのを観た。監督はアンドリュー・ニコル
主演はアル・パチーノ  レイチェル・ロバーツ

落ち目の映画監督が、CGで作った架空の女優を大スターに仕立てる。所がだんだん彼女が一人歩きしだして・・・という話。

風刺喜劇だが、実に良く出来ていて笑える。

映画はそう遠くなく、現実の物になるかもしれない。現在動画はまだまだ絵のように見えるが、近い将人間の役者と区別つかないようになるかも知れない。

 現在でも、アニメのキャラクターはそれなりに存在感がある。科白だって、声紋分析し、合成すれば、実際可能。CG合成の女優が、アカデミー賞を取る日がほんとに来る様な気がする。



2005年4月30日(土)23:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

ポルシェカイエンターボ

同級生の家に行ったら、車庫の片隅にポルシェのカイエンターボがあった。4500ccのV8エンジンで、450馬力ととてつもなく凄い車。フォルクスワーゲンと共同開発で、日本ではトアレグとして売られてて、車体は同じ。カイエンの方はエンジンがポルシェ制。
 
 しかしその大きさたるや、まるでトラック。総重量は2.4トン、車幅は2メートルを僅かに切る程度。いくらなんでもこんな大きな物が時速200キロ以上で走るのはあまりにも・・・
 案の定車庫入れでこすって、左ドアー全面取替えとか何とか、250万円ほどかかったそうで、いやはや・・・

 彼は昔から良い趣味で、以前もベンツのE500と言うポルシェエンジンのベンツに乗ってた。以前乗せてもらったが、何の変哲も無いベンツだけど、スピードが上がるとエンジン音からしてもうポルシェの世界。素晴らしい車だった。

 今回もポルシェだからと車も見ないで、カタログだけで注文(1200万円以上で、アラブの石油王様ご用達の車だから、見ようにも、日本では買う人殆どいないから、なかなか実車は無くて)、車が届いてびっくり、山のような大きさ・・・

 写真だけ見ると、確かに可愛い形で、まさかポルシェがそんな大きな車作ると思ってなかったらしい。(笑)大して調べもしないでポンと1200万円以上の買い物する所が、彼らしいおおらかさで、素晴らしい!
 
 彼の家の周りは道路も狭く、高速も無くて、スピードは出せないし、狭い道ではバスのようによけたり、停車したりで、性能を発揮できないと、嘆いていた。



2005年4月18日(月)22:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理

カルメン

ふとテレビをつけたら、衛星放送でオランジュ音楽祭のカルメンを放送してた。
 
 カルメンは ベアトリス ウリア モンゾンでそれほどではなかったが、ホセの ロベルト アラーニャは素晴らしい出来だった。ミカエラの ノラアンセン は綺麗な声だった。役に合ってた。


 カルメンはアグネス・バルツァが最高と思ってるからかな~ベアトリス ウリア モンゾンは好きになれない。

 ロベルト アラーニャ には大感動、最高!



2005年4月9日(土)20:41 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

伊良子半島

 知り合いが、伊良子半島からフェリーに乗って伊勢のほうに行く話になって、伊良子岬には島崎藤村の有名な碑があると教えてあげました。椰子の実をジャワのほうから流してみて、実際に日本にたどり着くかと言う実験が行われ、見事に何個か流れ着きました。その話を聞いてその人は、びっくりしてました。私が歌おうとしたのですが、一番だけしか覚えてなかった。字で見てみると難しい字を使ってますね。

 最近ではゴミも、名も知らぬ遠き島より流れ寄るようで、昔のようにロマンチックな話ではないようです。確かに発泡スチロールを胸に当てても、新たな流離の憂いは湧かないな~(笑)
 ゴミを分析して、どこの国から流れ着いたか突き止めて、国際問題にするらしい。 


椰子の実
 
名も知らぬ遠き島より
流れ寄る椰子(やし)の実(み)一つ
故郷(ふるさと)の岸を離(はな)れて
汝(なれ)はそも波に幾月(いくつき)

           
旧(もと)の樹(き)は生(お)いや茂(しげ)れる
枝はなお影をやなせる
われもまた渚(なぎさ)を枕(まくら)
孤身(ひとりみ)の浮寝(うきね)の旅ぞ


実をとりて胸にあつれば
新(あらた)なり流離(りゆうり)の憂(うれひ)
海の日の沈むを見れば
滾(たぎ)り落(お)つ異郷(いきよう)の涙
思ひやる八重(やへ)の汐々(しほじほ)
いづれの日にか国に帰らん



2005年4月6日(水)00:32 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理

若山牧水

海の声
                 若山牧水

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

白き鳥ちからなげにも春の日の海をかけれり君よ何おもふ

春の海のみどりうるみぬあめつちに君が髪の香満ちわたる見ゆ

春の海さして船行く山かげの名もなき港昼の鐘鳴る

春の雲しづかにゆけりわがこころ静かに泣けり何をおもふや


別離
                    若山牧水

別るる日君もかたらずわれ云はず雪ふる午後の停車場にあり

春の日の満てる木の間にうち立たすおそろしきまでひとの美し

君すててわれただひとり木の間より岡にいづれば春の雲見ゆ

病院の玻璃戸に倚れば安房の海のあなたに伊豆の山焼くる見ゆ

安房の国の朝のなぎさのさざなみの音のかなしさや遠き富士見ゆ



2005年4月6日(水)00:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 楽天市場
FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット