Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



音楽
~説明~
何でも聴きます。意外とクラシックも好き。

French Jazz Concert

 よく行く喫茶店の方に誘われて、掛川市内にある「Blue House]という自宅兼小ホールでのコンサートに行きました。


 ピアニストの藤田ゆかりさんのご自宅です。

 今回のゲストはNHKのフランス語講座など幅広く活躍されている「パトリック・ヌジェ」という方で、アコーディオンを弾きながらシャンソンを歌われます。

 トランペットも上手です。



 さすがの演奏で、楽しめました。前半は少し大人しい演奏でしたが、後半は乗ってきて盛り上がりました。


 歌、アコーディオン、ピアノはもちろんですが、ベースの方も頑張っていました。



2018年9月18日(火)23:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

「天国と地獄」その2

 オッフェンバックの「天国と地獄」ではとても世俗的な話となります。

 主人のオルフェと妻のユリディスは関係が悪化し、別れたいけれど世間体を気にして別れることに逡巡しています。

 ユリディスの浮気の相手のブリュトンを殺そうと毒蛇を仕掛けますが、間違ってユリディスが死んでしまいます。ところがブリュトンは地獄の支配者で、ユリディスを地獄へ連れ去ってしまいます。

 妻が死んで大喜びのオルフェでしたが、世間の世論はオルフェを天国の神々の長ジュピテールに妻を取り戻すようお願いをすべきと迫られ、嫌々ながら天国に行きます。

 天国で地獄の調査に行くことになりますが、浮気性のジュピテールはユリディスを誘惑しようとします。

 結局オルフェは妻を連れて帰ることになりますが、振り返ってはいけないと注意されます。なかなかオルフェは振り返らないので、ジュピテールは雷を落とし無理やりオルフェを振り返らせます。

 別れられて喜ぶオルフェ、地獄へ戻ることになりブリュトンは喜びますが、ユリディスはブリュトンに飽き飽きしていています。

 ジュピテールはユリディスは酒の神バッカスの巫女にすると宣言します。巫女にしてユリディスも望んでいる自分と付き合うようにするつもりなのです。

 それでハッピーエンドになります。



2018年9月11日(火)00:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

「天国と地獄」その1

 オッフェンバックの「天国と地獄」のDVDを観ました。

 元々の話はギリシャ神話の「オルフェウスとエウリュディケの話をパロディ化したものです。

 元の話は

 オルフェウスはアポロンとカリオペの息子でした。エウリュディケと結婚しました。
ある時牧者アリスタイオスが、彼女の美しさに心を奪われ、彼女めがけて進んできた。逃げる途中、エウリュディケは蛇に噛まれて死んでしまします。

 オルフェウスは、黄泉の国の支配者ハデスのもとへ行き、エウリュディケを連れて行きたい、と願い出た。ハデスは二人が地上へ帰りつくまで、彼女をふりむいてはならない、という条件で願いを聞き入れました。

 オルフェウスは彼女がついて来ているかどうかと、つい振り返ってします。すると、たちまち彼女は黄泉の国へ吸い込まれるように消えてしまいました。

 その後女嫌いになったオルフェウスは、トラキアの乙女たちの誘いにも乗らず、恨みを買い殺されてしまいますが、死んだオルフェウスは、黄泉の国へ行きエウリュディケと再会しました。竪琴はゼウスが星の中に置きました。


 前から思っていましたが、日本書紀のイザナギとイザナミの話も酷似しています。火の神を産んだイザナミはやけどを負い亡くなってしまいます。

 イザナギは黄泉の国へ黄泉の国の神様にイザナミを取り戻しに行きます。黄泉の国の神様に帰ってよいか許可をもらう間、けっして神殿の扉を開けないようにと言います。

 ところが待ちくたびれてつい扉を開けると腐乱したイザナミの姿を見ることになりました。

 そこで喧嘩になり、別れることになります。


 多分古代ヨーロッパから東洋にまで伝承した話が、それぞれの国で脚色されていったとのことです。



2018年9月10日(月)20:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

名曲アルバム 「歌劇ジャンニ・スキッキ」

 先日NHKの名曲アルバムで「歌劇ジャンニ・スキッキ」が流れました。

 ラウレッタが「私のお父さん(O mio babbino caro)」はとても有名な曲で、リサイタルでもよく歌われます。知り合いの声楽科卒の方も、音大で課題曲だったそうです。

 ところが歌劇そのものはほとんど演じられることはなく、あらすじくらいしか知りませんでした。

 名曲アルバムではラウレッタの恋人リヌッチオが歌う、「フィレンツェは花咲く木のような」も流れました。

 とても良い曲で感激しました。フィレンツェに行きたいな~~!



2018年8月31日(金)21:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

ジャズピアノ

 今日は浜松のジャズホール「analog」でジャズピアノを聴きました。

 ピアニストの「山野友佳子」さんの圧倒的なスキルに驚きました。さすがに東京音大卒です。

 お客さんが少なくてちょっと寂しい感じではありました。



 アマチュアのサックスの方との共演もありました。


2018年7月29日(日)23:39 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

ヘッドホーン

 ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン を購入しました。

 WH-CH700N はBluetooth対応で35時間連続再生可能なのが気に入りました。もちろん優先でも使えます。

 ノイズキャンセリングが付いて、15000円を割ります。

 肝心の音ですが、値段の割には結構いい音です。ノイズキャンセリングはまあまあでしょうか?



 PCなどBluetoothが無いもののために、Bluetooth USBアダプターも同時購入しました。

 PCで画像を観たり、沢山の保存されている曲を聴くのに便利です。



2018年7月24日(火)21:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

嘉門達夫 「なごり寿司」

 先日カラオケで聞きました。
 その場に居たお客さん全員が大笑い!

 https://youtu.be/a_f2k6Xln-A

 確かに回らない初めての寿司屋では、値段が気になります。



2018年3月16日(金)23:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

チケットの転売トラブルが

 デジタルチケットが採用され始めています。転売を禁止するようにすることは、それほど難しいとは思えません。

 ファンクラブの会員カードも、写真付きにするとか、ICチップ埋め込みとかどんなことでも可能だと思います。

 ファンの気持ちを裏切る、チケット詐欺は許せません。 特に中学生などを騙す卑怯な詐欺は、厳罰にすべきです。子供を騙すなんて、酷すぎます。

 もっとも中学生が詐欺やっていたりして、愕然としました。


 少なくともネットオークションは、ダフ屋と同じと見なして、直ちに禁止。SNSも転売は全て禁止にすべきです。


  



2017年9月12日(火)23:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

バイロイト音楽祭

 バイロイト音楽祭は、ドイツ連邦バイエルン州に有るバイロイトの「バイロイト祝祭劇場」で毎年7月から8月にかけて行われる、ワーグナーのオペラ・楽劇を演目とする音楽祭です。

 普通に申し込むと数年先になる世界でもっとも入手し難いチケットです。

 旅行会社から申し込めば可能ですがとても高額になります。知り合いで大変なお金持ちの方が、11日間のツアーに出かけました。

 内容は
 2017年8月18日(金)~8月28日(月)・11泊
 
 全演目鑑賞コース

 19日: ニュルンベルクのマイスタージンガー 
 20日: トリスタンとイゾルデ 
 21日: パルジファル
 23日: ラインの黄金 
 24日: ワルキューレ 
 26日: ジークフリート 
 28日: 神々の黄昏
 
 とフルコースです。代金も軽く100万円を超します。

 良い趣味ですが、貧富の差、富の偏在を痛感します。

 バタリ (o_ _)o ~ 


 



2017年8月29日(火)21:47 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

電子ピアノを購入

 引っ越ししたので、アップライトのピアノを置いてきたので、電子ピアノを購入しました。

 とても種類がありさんざん迷いました。何となくですがYAMAHAが良さそうなのでメーカーは決まりました。

 Pーシリーズでも種類があり、さほど違いがなさそうですが、P-115WH にしました。46900円で高いのか安いのかも解りません。

 届いてみると88鍵なので本当のピアノと同じ大きさです。

 グレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤を搭載。鍵盤の重さが低音部では重く、高音部では軽くなるように、音域によって弾きごたえを段階的に変化させ、自然なタッチ感を実現しているそうです。

 確かに重さも違い良い感じです。

 音は期待していなかったのですが、かなり本物に近い音でした。弾く腕がないので本当のことは不明です。内蔵されている曲を聴く限りは、十分満足できいる音でした。



2017年7月10日(月)23:36 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

路上レゲエに飛び入り参加

ベルギーのブリュッセルにある大広場「グラン・プラス」はもっとも美しい広場と言われています。

 その脇でレゲエのストレートミュージシャンが演奏していて、沢山のお客さんが集まっています。お客の中から絶妙な合いの手を入れるオフィスレディーがいます。

 演奏者もその仲間も、うまさに気づき「こっちに来て一緒に!」と何度も誘います。

 ところが彼女は歌うだけで何度誘われても動きません。周りの聴衆も期待が膨らみ、ミュージシャンも音楽の音を落とし強引に誘うと、ついに踊りながら参加。

http://grapee.jp/261792


 歌い始めると一同その声と歌唱力にビックリ。女性はどんどん調子が出ててきて、最後はノリノリです。歌詞が簡単なのと、服装などから仕込みではなくてセミプロ程度の素人のようです。

 少し大きめの音で聞くと周りの観客の声も良く聞こえ反応が解ります。

 とにかく面白い映像でした。



2016年12月18日(日)19:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

Beyonce surprises students

 アメリカの中学校でダンスの時間。ビヨンセのビデをを見ながらダンスのお稽古中に、突然本物が現れました。

 中学生ながらダンスが上手いと感心していましたが、当たり前ですが本物はさらに凄くて驚き。


   https://youtu.be/XoX9qXBP0Bs


 



2016年12月2日(金)20:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

あなたと共に生きてゆく~由紀さおり テレサ・テンを歌う~

作詞はZARDの坂井泉水、作曲は織田哲郎

 元々は1993年のテレサ・テンのシングルでリリースされました。
 ZARDが2005年に発売した最後のアルバム「君とのDistance」にもセルフカバーで入っている曲です。

 先日「あなたと共に生きてゆく~由紀さおり テレサ・テンを歌う~」の中に由紀さおりとテレサ・テンのデュエットとして発売されました。You Tubeで一節を聴き https://youtu.be/_WlYeBliAPQ すぐにGeoでCDをゲットしました。

 CDの「あなたと共に生きてゆく」以外は全てテレサ・テンの曲を由紀さおりがカバーしているだけです。二人とも声質が似ているので、それほど目新しく感じません。どうしても聞き慣れたオリジナルが気になります。

 「あなたと共に生きてゆく」はテレサ・テンのオリジナル・ボーカルと由紀さおりのニュー・ボーカルによる新録で、実に上手く収録されています。ZARD、テレサ・テン単独よりも一番良いと感じました。 奇跡のデュエットだそうです。

 ZARDの坂井 泉水は40歳で、テレサ・テンは42歳でこの後亡くなっています。



2016年8月27日(土)23:42 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

先日のMP3 プレーヤー

 先日ゲットしたMP3 プレーヤーですが、値段の割には使えます。音はビックリするような音ではなく、そこそこの音質です。http://catschroedinger.btblog.jp/cl/0/1/2016/7/14/

 設定を変えると、ごく普通のプレーヤー程度の音には成ります。問題は表示に癖があって、番号順にしか表示されません。

 アルバムから開けば、そのアルバムの中の曲順に表示されるので問題有りません。

 表示の写真はとても小さく、なのにキリッとしない画像です。写真もスマホなどにはとうてい及びません。まあ付録みたいな物です。

 何より軽くてそれなりの音で音楽だけを聴くには、抜群の低価格なので合格でした。中国製のため充電はやや不安です。(笑)

 そもそもMP3 プレーヤーは、今やスマホで全て事足りるので、子供のおもちゃとか、アウトドアーでじゃまにならないプレーヤーとしてしか使い道がありません。



2016年7月21日(木)23:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

ヨシ子さん

 「ヨシ子さん」のシングルCDを借りました。「大河の一滴」はCMでも流れています。

 カラオケで歌えるように、覚えようかと思っています。

 歌えると、上手に歌えるのとは大きな開きがあります。(笑)

 カラオケでは間違えなく、音を外さ無ければ拍手ですが、時には外しても拍手です。

 所がもう一度聞きたいかというような歌い手には滅多に会いません。さらにお金を出しても聞きたい歌い手は絶対にいません。

 プロの歌手はお金を取れる、つまりお金を出しても歌を聴きたい程上手なわけです。

 


 



2016年7月18日(月)22:39 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

ジョルジュ・シフラ

MP3プレイヤーに、普通の曲以外に、クラシックピアノ曲でもと思い、ふとシフラを検索しました。

 シフラは昔のピアニストで 1921年11月5日 - 1994年1月17日)ハンガリー出身のピアニストです。超絶技巧で名高くリストの再来と呼ばれていました。

 このリストの「ラ・カンパネラ」は鐘の音を表現していますが、難曲中の難曲です。

 
   https://youtu.be/DKHHIVrAVgA

 オリンピックの記録のように、年々技術は上がっていき、今では弾ける人は幾らも居ます。けれどシフラはまさにリストの再来。

 あまりにも技巧的すぎると評価は分かれますが、コンサートでミスタッチゼロなどの伝説を持つ、常識では考えられない天才ピアニストでした。

シフラは不世出のヴィルトゥオーソ(職人的超絶技法を持つ人)です。 初めて聞いたときは本当にビックリしました。



2016年7月15日(金)21:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

MP3プレーヤー

 プレゼント用にMP3プレーヤーを探しましたが、以前ほどにはメーカーも少なくなり、Sonyとi-pod だけのようです。

 最近はスマホで音楽を聴くようになり、MP3プレーヤーはすっかり過去の物に成りつつあります。

 9才の子へのプレゼントなので、適当な物を探していたら、AGPtek と言う会社(中国の会社らしい)のAGPtEK A02 を見つけて注文しました。

 プレゼントなので未だ使っていませんが、重さは32g 8GB なのに3000円のお徳用価格です。さらにマイクロSDカードが64GB対応です。動画も一応見られる液晶です。

 驚異のコストパーフォーマンスです。



 



2016年7月14日(木)23:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

Singer Yoshimiさん

 先週土曜日小さな店でライブがありました。そこで歌われた渡邊良水さんのコンサートのパンフです。小さな店だったので、何か歌のリクエストをと言われて、英語が綺麗な方なので、「スターダスト」をリクエストしました。イントロの語りがとても良い感じでした。

 他のお客さんが一曲リクエストして、次にまたリクエストをと言われたので「What a Wonderful World」と「テネシーワルツ」を歌っていただきました。

 「テネシーワルツ」は抜群の出来でした。





 HPのアドレスはこちら↓

 http://www.singer-yoshimi.sakura.ne.jp/
 



2016年6月21日(火)22:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

少女は自転車にのって

あらすじ:
 10歳のおてんば少女ワジダは、幼なじみの少年アブドゥラと自転車競走がしたいが、母親は女の子が自転車に乗ることに反対する。

 そんな時、学校でコーラン暗唱コンテストが行われることになり、ワジダはその賞金で自転車を買おうと一生懸命コーランの暗唱に取り組むが……。

感想:
 女性がひとりで外出することや車を運転することが禁じられている同国で、ひとりの少女が女性として生きることの厳しさに直面しつつも、前向きに生きる姿を活写しています。

 現在の宗教対立の解決を暗示しているような、とても素晴らしい映画で、感動しました。



2016年3月6日(日)23:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理

海の声

 CMでお馴染みの「海の声」は桐谷健太が歌っていますが、「いーどぅし」が歌っているのがとても良くてちょっと感動。

 https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=qOKA8TWl1TE

 「いーどぅし」の他の歌は生ライブからでしょうか、やや音程が不安定に聞こえました。

 とにかくこれは良かった!



2016年2月28日(日)23:19 | トラックバック(0) | コメント(0) | 音楽 | 管理


(1/7ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 最後