Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



2013年11月を表示

年末になると

 そろそろお歳暮の季節です。頂き物自体よりお礼の電話で近況を話すきっかけになるのはなかなか楽しいことです。

 面倒な付き合いはお礼状で、親しい人や懐かしい人には電話をするようにしています。

 年賀状は同じように仕事の関係や、親戚への物は機械的に出しています。

 年中取引のある人に年賀状を出すのも、貰うのもあまり意味がないのでもう減らそうと思っています。

 冷静に数えると、本当に出したり貰ったりしたい年賀状は多く見積もっても20枚程度のような気がします。(笑)

 そうだ今年は年賀状を減らそう!



2013年11月30日(土)23:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

残念な話を聞いて

 友人に不幸なことが起こったと聞き、憂鬱な気分に成っていたけれど、ふと「金子みすゞ」の詩を目にし、少し救われた気になりました。

「わたしと小鳥とすずと」

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

 
わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。
すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。
                金子みすゞ


 進む道は違っていても、とても優秀な友人でしたが、不幸なことがあったと聞きました。この詩とは直接関係ないけれど、なんだかバランスみたいな物を感じました。

 この詩は実に微妙で、読む人の心理状態で感じ方が違います。

 



2013年11月29日(金)23:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理

ホンダ S660 コンセプト

今年の東京モーターショーに登場した「ホンダ S660 コンセプト」とても良い感じです。

  http://motorshow.carview.yahoo.co.jp/tokyo-motorshow/pickup/detail/493/

 昔のS800を彷彿とさせる車です。出来れば1300cc
位で出して欲しかったのですが、興味津々です。



2013年11月28日(木)23:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理

冬景色

 富士山の見事な写真や、静まりかえったような冬景色の写真を見ると感動します。

 だけどもし同じような写真を撮ろうと思ったら、大変だと思うのです。

 富士山の夜明けの写真など、日の出前から待ちかまえる必要があるし、山の天気は期待通りには行かないこともあるから、無駄になることも多いはずです。

 もう少し上から撮ろうと思ったとき、近くの山に登るしかないことがあります。道がない限りもちろん登りません(笑)

 雪深い静かな夜の寒村の写真、寒い中三脚持って小高い山に登ってなど、想像しただけでぞっとします。


 花の写真を撮るにも、夜明け前から待ちかまえて撮ると行っていたカメラマンに会ったことがあります。

 良い写真は偶然もあるけれど、殆どは努力の賜のです。

 戦場カメラマンとか、紛争地のカメラマンはそれ以上なのは言うまでもありません。

 時にカメラは銃と見間違えたり、敢えて報道陣をねらったり危険極まりません。

 写真を見ると写真の素晴らしさ以上に、その写真を撮る苦労を感じます。やっぱりプロはプロなんだと思うのです。



2013年11月27日(水)23:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

特定秘密保護法案

秘密が漏れないようにする必要性は解りますが、第三者監視機関が設置されるかどうかも曖昧で採決されるのは、いくら何でも強引です。

 自民党の中からも疑問の声が上がっています。

 安倍晋三首相は黒田日銀総裁の金融緩和以外に、たいした手柄を立てていません。むしろ右傾化した政策を進めようとしているようにも見えます。

 先の選挙で自民党が勝ちすぎました。



2013年11月26日(火)23:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

『かぐや姫の物語』

 解説: 高畑勲監督が「ホーホケキョとなりの山田くん」(1999)以来、約14年ぶりに手がけた監督作。日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に、「罪を犯したために、この地に下ろされた」とされてるかぐや姫の犯した罪、そして、罰とは何かを描き出す。

 感想: ストーリーは竹取物語そのままです。ただかぐや姫の心理を巧みに描いています。

 大事な罪と罰については映画の中ではそれほどはっきりとしません。原作に依れば、地球に憧れたことが罪であり、御門に抱きすくめられたとき月に帰りたいと思ったことで許されて、月に帰ることになるのです。

 映画は説明不足の感が否めません。本人が帰りたくないなら、罪は許されていないのですし、整合性もありません。

 まあそんなことはどうでも良いのでしょうが、恋愛にしても、男性に対しても単に幼稚なだけとも言えます。

 映像は素晴らしく、観ていて飽きさせませんが、別に竹取物語でなくてもよく、ありきたりな筋立てです。

 総合的にはたいした問題提起もなく、平凡な話。もしアニメでなかったら、50点以下の作品です。



2013年11月25日(月)23:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

原子力規制委員会

 原発の新規制基準策定などのため、原子力規制委員会が設置した検討会に参加する外部の専門家のうち、確認できただけで4人が、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を運営する日本原子力研究開発機構から2009年度以降、計3300万円以上の研究費を受け取っていたことが23日、時事通信が行った情報公開請求などで分かった。

 これではあんまりです。規制委員会の判断は全く信用できません。研究費は自由に使い放題で、明らかに買収。買収された委員がまともな判断が出来るとはとても思えません。

 小泉純一郎元首相の主張する、原発「即ゼロ」は素晴らしい!



2013年11月24日(日)23:35 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

国際陶芸フェスティバルin ささま

「第2回国際陶芸フェスティバルin ささま」
 http://icaf.jp/

に行きました。遅く行ったので辺りは少し暗くなっていましたが、明々とライトが点いて元気いっぱいの祭りでした。

 様々な作品が展示されていて、とても驚きました。中でも「打田 翠」という陶芸作家さんの作品には感銘を受けました。

 一見見事なロクロの技と思いきや、全て手ひねりでの作品でした。よく見るとロクロでは決して出せない微妙なホルムでした。作品を作るのにとても長い時間を掛けておられるそうで、驚きました。



 意欲的な作品が沢山見られました。


 今回の大作で現地で作った窯で炊きあげていました。


2013年11月23日(土)23:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | 陶芸 | 管理

FCV

FCV(Fuel Cell Vehicle )とはガソリンを必要とせず、水素と空気中の酸素を反応させて発電した電気で車を走らせる車のことです。

 今回発表されたFCVコンセプトはセダンタイプで、小型・軽量化した新型燃料電池や高圧水素タンク2本を床下に収納しています。約3分の水素補充で約500キロ以上走れるのが特徴。

 ガソリン車並みの時間で水素をフル補充でき、災害時などの緊急時には一般家庭に1週間分以上の電力を供給できる能力があるそうです。

 せいぜい200㎞程度しかしか走れない電気自動車は、充電器を増やすそうですが、充電に時間がかかるのが欠点です。

 今のところハイブリッドか、プラグインハイブリッドが実用的です。

 ハイブリッドも電池の寿命を考えると、結構高い物に成りかねません。

 現在最高のシステムであるプラグインハイブリッドカーも、非プラグインのハイブリッドカーに比べ電池容量が多いため、バッテリー容量が大きいほど電池コストや重量がかさむことです。電池交換は更に高額になります。

 将来性を見れば、FCVは究極の技術に思えます。大きな電池を積むこともないので、重くならず、量産によって極端に安くなる可能性があります。

 将来はほぼ間違いなくFCVになるでしょう。

 これからガソリンの値段がどうなるかが、普及の目安です。ガソリンが高くなれば急激に普及しますが、安いままではなかなか普及しないでしょう。

 水素も石油から作るのでなく、電気分解で作れば全くオイルフリーの燃料となります。

 
 
 



2013年11月22日(金)23:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理

旅行鞄

旅行の時迷うのは鞄のことです。

 どれくらいの大きさにするか、背負うか、トロリーバックにするか、ガーメントバックがある物にするかなどいつも迷います。

 トロリーバックはとても楽ですが、困るのは階段です。いつぞや神社を訪れたとき、長い階段でとても苦労しました。ショッピング用の物は3個のホイールを持っているので可能ですが、旅行用では難しいようです。

 いろいろ探しましたが、旅行用のトロリーバックで階段を引いたまま簡単に昇降出来る物は無いようです。

 旅行上手になるには、なるべく荷物を少なくする事と悟りました。(笑)

 でも予備のバッテリーとか、充電器等がとても重く、さらにカメラを持つととても重くなるのが悩みです。こればっかりは旅の途中で補充が効きません。



2013年11月21日(木)23:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

「とらや」の最中

 「とらや」の最中をゲット!

 これ大好きです。\(^0^)/

 やっぱり老舗の味。その辺の最中と似ていても何処か違います。



 美味しい物を食べると、幸せになります。


2013年11月20日(水)00:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

Holder

 ドリンクホルダーをゲットしました。ゴム製のもありますが、アルミ製で綺麗です。

 水分補給はこまめに少しずつが良いので、鞄にぶら下げておくと超便利。保熱カバーを付けると更に機能アップです。

 

 

 もちろん男性の場合腰に下げても邪魔になりません。女性の場合はバックにぶら下げて、



 このようにセットします。大きなサイズの物でも安定しています。

 鞄の中に入れると、結露して中が湿っぽく成りますが、外なら安心。



 ダレスバックなどには何となく不似合いです。(笑)

 たぶんビーズのパーティー用フォーマルバックにも似合いません。
 クラッチバックにはシャンパングラスが似合います。ビールジョッキーも不似合いです。



2013年11月19日(火)14:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

夕焼けの富士のはずが・・・

 車で走っていたら富士が赤く染まってとても綺麗でした。写真を撮ろうと車を駐めるところを探している内に、もう赤い富士は色あせていました。おまけに鉄塔が入ってさんざんでした。

 写真を撮ろうとすると、結構電柱や電線が邪魔です。

 山の写真を撮るのは難しいものだと、変に感心しました。

 この写真は夕焼けに染まっていない手遅れの富士(笑)



2013年11月18日(月)21:18 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

LINE スタンプ

 ラインでトークしていたら、何種類ものスタンプが使われ、スタンプの話になりました。

 ちょっと沈黙の後、スタンプのプレゼントが表示されました。200円だけどなぜか凄く嬉しくなりました。

 他の人とのトークでも、積極的にスタンプを使うようになりました。
 
 いろいろなスタンプがあり、最近はかってのアニメの主人公が見受けられます。無くても良いけどあれば楽しいスタンプ。これほどになるとは思いもよりませんでした。

 
 えっ、プレゼントされたお気に入りのスタンプ?

 「194島耕作シリーズ」です。(笑)

 そうそう「フナッシースタンプ」が超人気で、ラインのショップがダウンしたそうです。



2013年11月17日(日)23:18 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

Bar 黒澤の閉店

 浜松で一番有名で、最高の味の店でした。マスターの体調から閉店する事になりました。

 http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00085290/index.html?fromid=recent

 今日は最後の日なので、大変な人でお店は一杯でした。かってグランドホテルで有名だった彼には沢山のお弟子さんが居て、お客の何人かはお弟子さんでした。

 今日はジャズのピアの演奏、歌などがあり朝の6時まで営業でした。さすがに1時頃には退散しました。

 



2013年11月16日(土)17:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

ショウルーム化

 大型家電店、PCショップ、カメラ店などでは、商品を見るだけ、更に店員から詳しく説明を聞いたりし、実際はネットショップで購入する傾向があるようです。

 ヤマダ電機ではネットショップと同額で勝負したけれど、結局赤字になりました。ネットショップは商品だけ倉庫に持っていて、注文を受け発送するだけだから、店舗代も、人件費も格段に少なく勝負になりません。

 更にネットショップは小さな書店を駆逐しています。

 賢くなった消費者は、メモを片手に値段を調べ、あるいはスマートフォンを片手に、値段を調べながら商品を見て歩いています。

 何か手を打たないと、小売店は全滅してしまいそうです。

 メーカーの卸価格にも問題がありです。常に供給過多で、値段がドンドン下がる。販売店が大量注文すると、際限なく値段を下げるから、価格は株価のように変動します。一定の値段を保つことが難しいのも原因の一つでしょう。

 いずれにしろ、困った問題です。



2013年11月15日(金)23:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

DIAMONDの「高橋洋一氏の俗論を撃つ!」より

 DIAMONDの「高橋洋一氏の俗論を撃つ!」の文章に驚かされました。
 http://diamond.jp/articles/-/44438

 薄々は知っていたけれど、はっきりした数字を聞いたのは初めてです。
 以下に文章を紹介

電力自由化すれば自ずと原発はゼロに

電力自由化の流れさえできれば、後は自ずと原発ゼロになる。そのカギは原発コストの高さだ。 
原発のコストであるが、内閣府国家戦略室のコスト検証委員会が発表した各エネルギー源による発電コスト(円/kW時)はつぎのとおりとしている。

原子力発電 8.9以上 
石炭火力発電 9.5 
LNG火力発電 10.7
石油火力発電 38.9 
陸上風力発電 9.9~17.3
洋上風力発電 9.4~23.1
地熱発電 8.3~10.4
太陽光発電 33.4~38.3 
ガスコジェネ 10.6~19.7 

 コスト検証委は再処理・廃棄物処理費などの「バックエンド・コスト」を最終的に20兆円程度と見積もり、kW時1.0円程度のコストとはじいているが、かなり甘い計算だ。そのコストは3~4倍以上になるので、それだけで2.0~3.0円以上のアップとなる。 

 次に、技術開発への補助金が含まれていない。これは1.6円程度だが、国民にとっては立派なコスト。また、従来の政府の試算では、送電費用がコストに含まれていない。発送電分離をしていないのでドンブリ勘定だが、分離したらコストになる。これが2.0~4.0円程度。

 最後に、深刻な事故を起こしたので、事故のための保険に入る必要がある。政府の保険があるが、これはワークしておらず、結局、電力料金値上げという形で国民負担にはね返ってくる。これは本来、負担を平準化する保険で対応すべきものだ。

 現段階でこうした保険を引き受けてくれる再保険会社はないが、500年に1度の重大事故だとすれば、標準的な原子炉1機の被害額1兆円に対して保険料は0.3円程度と計算できる。今回のように福島原発事故で40兆円程度の被害額とすれば、それをカバーするための保険料で3.0円程度は必要だ。

 これらを全て合算すると、コスト検証委員会の数字に8.6~11.6円を上乗せして、原発の真の発電コストは17.5~20.5円となる。石油火力や太陽光を除くと、ほとんどの発電方式よりコスト高の数字だ。



 非常に良く理解できました。

 この数字から電力自由化したら、こんなに高い発電に手を出す人は居ないという理屈です。全くその通りです。 高橋洋一氏の理論は冷静で、数字がはっきりしていて理論的で本物です。最強の理論です。


 はっきりとした数字は知らなかったけれど、廃炉一つ考えてもとんでもないお金がかかります。現在の原発による電気料にはこれが入っていません。利益の先食いであり、将来につけを回しているだけです。

 さらに事故によって、税金が使われていますが、実際には電気料金が値上げされたのと同じです。

 この理論から、既得権とか、原発村とかいわゆる独占企業であることを良いことに、好きかってやってきたやましい人達以外は原発を続けようとしないとさえ言えます。



2013年11月14日(木)23:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

Yahoo の囲碁サイト

 ずいぶん打っていなかったけど、久しぶりに対戦。一回目は見損じて、レート下の人に逆転負け。

 次は高段者と対戦。
 かなり善戦したけど、結局大敗し投了。
 同じ相手と再度挑戦。

 とても難しい局面でしたが、劫(こう)に持ち込み中押し勝ち 

         \(^o^)/

 高段者相手なので、レートが大幅にアップ。

 いつもそうなのですが、中盤まではとても良い勝負なのに、接戦に成ると弱い。まあ形が良いと言うか、筋は良いけど非力で。(笑)



2013年11月13日(水)23:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

即時原発ゼロ

 小泉純一郎元首相の「即時原発ゼロ」は素晴らしい発言です。やっぱり少数派閥から首相になった、政治家としての鋭さがあります。

 評価にも「小泉氏の発言は政権の急所を突いている」とありました。何より世論は原発ゼロなのは明かです。


 エネルギーの安定供給と言うけれど、ゼロと決まれば石炭、地熱、太陽光、風力、潮力など代替えエネルギーの開発が盛んになるでしょう。

 原発再開ありきでは、新しい火力発電も本格的に成りません。何よりゼロを宣言することが一番の近道のような気がします。

 



2013年11月12日(火)23:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

新型スカイライン

 新しいスカイラインが発表されました。全車種ハイブリッドになり、1リットル当たり18・4キロの低燃費に成るそうです。

 何より斬新なのは、ダイレクト アダプティブ ステアリングと名付けたステアリングバイワイヤ技術初搭載です。ハンドルの動きを電気信号に置き換えて運転するシステムでどんなに成るか楽しみです。

 あまりにも新しいシステムで、ちょっと心配でもあります。

 そういえばブレーキ自動制御機能の体験中―フェンス衝突と言う記事もありました。装置に頼りすぎるのももしかの時心配です。


 でも魅力的だな~~(笑)

 



2013年11月11日(月)21:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理


(1/2ページ)
>1< 2 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪