Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 


新しい順に表示

静岡空港

 昨日近くを通りかかったので、静岡空港に寄りました。現在拡張工事中ですが、2Fに新しい喫茶スタンド「TABI CHA FE」が出来ました。

 カフェラテを飲みました。広々していて景色も良く、とても良い感じでした。

 カウンター席には充電の差し込みもあり、流石に空港と感心しました。



2018年6月25日(月)00:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

梅雨の晴れ間

 今日はお天気も良く湿度は有りましたが、過ごしやすい日でした。

 本当はこれを「五月晴れ」と言いました。

 江戸時代は旧暦でしたので5月は今の6月でした。梅雨の時期に晴れた日を「五月晴れ」と言っていましたが、五月(さつき)と入っているので、現在では5月のさわやかな日を五月晴れと言うように変わりました。

 この「爽やか(さわやか)」も季語は秋なので、「五月晴れの爽やかな」と書くと、梅雨の晴れ間の秋に成るので、ダブルで間違った意味になります。

 しかし現在では両方ともOKになってきています。

 と言うことで、今日は梅雨の晴れ間の清々しい(すがすがしい)日でした。

 



 庭のトマトが実を付けていました。


 枝豆も実を付け、楽しみになってきました。


2018年6月24日(日)20:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

World cup

 連日素晴らしい戦いが繰り広げられています。ブラジル対コスタリカの戦いには感動しました。ネイマールの涙にも胸を打つ物がありました。

 
 不調のアルゼンチンにも驚いています。メッシは研究され、マークされて活躍できません。

 やってみないと解らないのがサッカーの面白さです。

 毎日サッカー観戦で寝不足気味。

 いよいよ明日は日本です。セネガルは今回好調です。

 頑張れ日本!!
 



2018年6月23日(土)23:41 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

マカン・マラン

「マカン・マラン」

 著者:古内 一絵

 読みかけだったのですが、3冊とも読み切りました。

 少し裏日れた商店街の裏路地にあるドラッククイーン(主としてゲイの人が女性らしく化粧したり、着飾ること)のしゃールと名乗る元エリートが営業している夜食レストランの話です。


 料理の話が多くて読み切るのに苦労しましたが、本題はこのレストランに来る様々な悩みを持った人達との関わりを描いた話です。

 描写が巧みで、悩む人達の生活が見事に描かれていていました。筆者が体験したり、こまめな取材をしたと思わせる詳細な描写は真実味がありました。小説でも映画でも本筋以外にリアルであることはとても大事です。

 ただ何話にもなっていて、その都度同じ説明や、同じ描写が出てくるので、一冊の本にするなら再編集した方が良かったと感じました。

 第3巻「きまぐれな夜食カフェ マカン・マラン みたび」の第3話「風と火のスープカレー」は悩む女性と、ドラッククイーンのシャールの関係が明らかになる見事な設定に感動しました。

 まるで3冊の本の総括のような話でした。

 どうしてこの話が3冊目に来たのか、初めから設定されていたのでしょう。

 少し描写などもたつき、やや女性向きですが素晴らしい本でした。



2018年6月22日(金)21:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理

お盆休みに何処かへ

 8月の休みに何処かへ出かけようと探していますが、なかなか日程が合いません。

 やっと見つけたらキャンセル待ちでした。この分だと家でブラブラの休みになりそうです。

 もちろんもっと早く申し込まなかった自分が悪いのですが、迷っている内に遅くなって バタリ (o_ _)o ~



2018年6月21日(木)20:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

またまたサイトの調子が悪くて

 昨夜はサイトに繋がらず、サイトのホームページも見られませんでしたが、やっと回復しました。


 此のところ少しおかしかったのですが、やっと完全復帰した感じです。

 この辺りは昨日豪雨で、一部の地区では避難勧告まで出ました。少し心配しましたが、今日は曇りながらも雨は無く落ち着いています。

 昨日は遅くまで本を読んでいました。

 



2018年6月20日(水)09:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

ワールドカップ

 何と!勝ちました~~

 日本中大変な盛り上がりです。かなり運が良かった試合ですが、結果が良ければ大満足です。

 ただスポーツ評論家などの解説は、褒めちぎるだけです。冷静に試合を見た感じでは無駄なパス、特に意味のないバックパスが多すぎました。

 このような戦い方では、次のセネガル戦が心配です。とにかく少しのチャンスでもシュートを打たないと勝機はありません。

 とにかく勝ったのだから、セネガル戦で勝か、悪くても引き分けて欲しいと願っています。



2018年6月19日(火)20:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

夕方雨が上がったので

 ゼンショーの株主優待券の期限が近いので、近くのCOCOSに行きました。

 シーフードジャンバラヤを食べましたが、結構いける味でした。



 わらび餅宇治茶アイス添えですが、以前はバニラのメニューもあったのですが、最近は抹茶になり困っていました。

 頼んだらバニラアイスに交換してくれました。



2018年6月18日(月)21:31 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

上倉沢の棚田

 上倉沢の棚田を通りかかったので、写真を撮りました。夕方でしたが、田植えを終わった田んぼには水が張られ光を反射して綺麗でした。

 今日は梅雨の間の晴れでしたが、明日からまた雨になりそうです。



2018年6月17日(日)21:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

本当に必要なのか?

 ネットショップを見ていてクリックすると、何度もその商品が現れます。

 元々気になった物なので、見ている内に段々欲しくなります。しかし冷静に考えると、本当に必要な物はそれほど無い事が殆どです。

 無くては成らない物、有ればとても便利な物はそれほど無いのですが、ちょっとだけ便利な物を見ると欲しくなるのが厄介です。

 
 日本ではもう絶対に必要な物は限られているような気がします。

 食べ物なんか栄養という観点からなら、その製品が無くても何も困りません。

 世界の大部分の人は食べる物を選べません。生きるために食べているのです。

 先進国は次から次へと新製品を作り出していますが、その何分の一でも貧しい人達に、安くて生活に絶対に必要な物を供給することが、世界の平和に繋がるのではと思うときがあります。

 



2018年6月16日(土)23:50 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

本格的な梅雨に

 朝は雨でしたが、午後から曇りになりました。なんとなく湿っぽく、少し涼しい一日でした。

 明日も曇りか雨のようです。日曜日は晴れてもその後も雨の日が続きそうで気が滅入ります。

 雨の日は読書に限ります。まさに「晴耕雨読」けれど最近は読の代わりに「観」

 雨に日はTVを観ることが多くなりました。「晴耕雨観」



2018年6月15日(金)23:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

ワールドカップ

 いよいよワールドカップが近づいてきました。いろんな報道がなされていますが、もう少し冷静な報道をすべきだと思っています。

 先日スイス戦では良いところがありませんでした。しかしスイスはFIFAランキング6位です。それに対して日本は61位です。相撲なら三役と平幕、十両ですから負けるのは自然なことです。

 その次のランキング32位のパラグアイ戦には勝ちましたがそもそもパラグアイは今回ワールドカップには出場できません。勝ったといっても、その分割り引かないと。

 
 初戦のコロンビア戦も頑張ってほしいのですが、コロンビアはランキング16位です。

 セネガルは27位、ポーランドは8位です。予選を勝ち抜くのはデーターからは到底無理な予想とならざるを得ません。


 今回のワールドカップ出場国で61位の日本より下の国は70位のロシア、67位のサウジアラビアの2か国だけです。

 ランキング50位以下は3か国以外では、55位のパナマ、57位の韓国です。

 これで盛り上がれといわれても無理です。けれどももし初戦で勝つようなことがあれば、一気に盛り上がりそうです。

 何としても頑張ってもらいたいものです。



2018年6月14日(木)22:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

Suica ポイント

SUICAポイント
 SUICAポイントそれほど使わないのでポイントはほとんど溜まりませんが、ぽんと交換が面倒です。


 JRE POINT にログインして、SUICAポイントを選びスマホで受け取る仕組みです。

 nanaco などはポイントを交換するのが超簡単です。

 SUICA、nanaco、Edy、Ponta、T-point沢山ありすぎで、常に混乱しています。

 お財布携帯はSUICA、nanaco、Edyを使い、ポイント入れてもらうのはPonta、T-pointです。面倒です。

 いつかポイントだけでも、お財布携帯と一緒にしてほしいと願っています。



2018年6月13日(水)21:31 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

サーバーの調子が

 昨夜はサイトに繋がらなくなりました。 
 
 たぶんメンテナンスのためだと思われます。


 通知がないのでよくわかりません。



2018年6月12日(火)23:35 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

万引き家族

 今話題の映画です。映画館は平日なのにとても混雑していました。
監督:是枝裕和

配役:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、 池松壮亮、 城桧吏

あらすじ:
 初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家の話です。家計の足しに治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は万引きをしています。

 治と息子の祥太は、寒さに震えるじゅり(佐々木みゆ)を見掛け家に連れて帰えりました。。見ず知らずの子供と帰ってきた夫に困惑する信代(安藤サクラ)は、傷だらけの彼女を見て世話をすることになります。

感想:
 万引きを繰り返し、貧しく、薄汚い家で血も繋がっていない家族が、和気藹々と暮らす姿は家族という物を考えさせられます。

 この家族は上昇志向は全くなくて、その日暮らしです。しかし息子の祥太は親代わりの治の行動に疑問を持ち始めます。

 何よりこの映画を素晴らしい物にしているのは、各役者の素晴らしい演技です。暗い映画になりそうなのに、貧しい暮らしの中でも明るく、楽しい一家が極々自然に描かれています。

 1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、第71回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞しました。それだけの価値のある流石の映画でした。
 



2018年6月11日(月)18:49 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

レモンの木

 トマトの花が咲きました。台風が近づいているので添え木を買いに行きました。三角支柱のが良いとのことで赤色にしました。


 枝豆もかなり元気になってきています。ついでに肥料を追加しました。幹が細いので台風が心配です。



 セットしてみると随分派手な感じです。


 トゲ無しレモンの木をゲットしました。添え木をセットして植え付けました。

 手前がレモンの木で、奥がイチジクの木です。レモンは手入れが比較的簡単だそうです。

 トマト、枝豆、イチジク、レモンと実がなる物ばかりです。

 上手く育って実がなることを願ってます。



2018年6月10日(日)16:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

友人と

 夜遅くまで飲んで歌いました。お開きは午前3時頃でした。

 3軒目のスナックで、久々に常連の人達と意気投合、楽しい時間が持てました。

 すっかり酔ってホテルに帰ったらバタンキュー。



2018年6月9日(土)23:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」

 昨日に続きNHKヒストリアから

「神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心」

 御朱印集めが流行していますが、神社だったりお寺だったりとゴチャマゼです。初詣も明治神宮であったり、成田山新勝寺であったりします。

 古来日本では原始宗教である生物、無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているというアニミズム、日本では八百万の神」(やおよろずのかみ)

 それとシャーマンが祈祷、預言などをするシャーマニズムが神でした。邪馬台国女王の卑弥呼が代表です。


 6世紀 日本に仏教が伝来して以来200年は、神と仏は別々でした。奈良時代に神が仏教に帰依するという「神仏習合」が起こりました。地方の豪族も仏教にしたかったからだそうです。

 平安時代になると、今度は仏が神様に変身して日本に来た「本地垂迹(ほんじすいじゃく)説」となります。だから神様は仏であるとなりました。ここで完全に仏教と神道はゴチャマゼになりました。

 他の国では宗教対立などが有りましたが、当時の日本では争うこともなく見事に融合したのです。それでも僧侶が神社にお参りし、経を読んだ入りしても、神聖な社の中には入れなくて神主だけが入られるような、仏教と、神道の区別も幾分かはありました。神には仏と違って、祟りなど幾分怖い面が有るとされていました。


 1000年も続いた神仏習合も、明治になってから「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」が起こり、寺社分離が行われました。それでも密かに神社の中に仏像が隠されたりしていました。

 以上のような内容でした。



 1000年も続いたのだから、日本人の心の中では、今でも神社とお寺は区別が無く、神様と仏様の区別も有りません。

 幕末日本に到来した外国人達は武士のような支配階級の人達が、仏教を信じていなくて、もっぱら朱子学のような儒教中心であり、神を信じていないことに驚いています。

 居住地とされたお寺などを観察していると、お参りに来るのは年寄りと女性だけで男性の姿を殆ど見ないと記述しています。さらに宗派に関係なく神社でも、寺院でも、道端の地蔵でも何にでも手を合わせて拝んでいると。

 神社、仏閣のお祭りでも見せ物小屋が出たりで明らかにマーケットに過ぎないと、巡礼と称してお参りに行くのもレジャーであると見抜いています。確かに御伊勢参りなどは、ついでに京都、大阪見物したりといい加減なものでした。

 しかし唯一ラフカディオハーンは一見無宗教に見える日本人は、心の中に神を恐れ敬う敬虔な気持ちを持っていると述べています。

 仏教以上に神と一体化した信仰が、何でも受け入れ寛容で穏やかな日本人を作り上げたと思っています。



2018年6月8日(金)20:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

伊能忠敬

 NHKの「ヒストリア」で日本地図に捧げた情熱を観ました。

 伊能忠敬よく知られている事なのですが、仲間が忠敬が亡くなったことを完成時まで秘して、彼の功績を保とうとしたことに、日本的ではありますが感動しました。

 番組では詳しくは紹介されませんでしたが、この地図はその後長崎オランダ商館の医師シーボルトが伊能図を持ち出す事件、いわゆる「シーボルト事件」があります。
 持ち出された地図は、刊行され、当時のヨーロッパでは日本の技術に驚嘆しました。
 

 幕末イギリス海軍が幕府の勧告を無視して測量をしようとしたとき、幕府役人が所有していた伊能小図を見てあまりの正確さに驚き、幕府から写しを貰うことで測量を中止しました。

 当時イギリスの測量技術は世界一でしたが、伊能小図の正確さには及ばず、自分たちの地図を修正しています。

 これは小図でした。もし原本の大図であったらさらに驚愕したのではと思います。

 明治になっても、日本の地図はこれが元になりました。この時初めて20万分の1の地図に、大図が使われました。

 忠敬は非常に厳格でかなり変わった人でもありました。もっとも普通の人では、このような大事業を完成させられません。

 有る意味狂気と言えるほどの情熱に驚かされました。
 

 

 



2018年6月7日(木)23:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

入梅

 今日は一日中雨となり、東海地方も入梅となりました。

 江戸時代は初期は頭にかぶる笠、蓑が中心でしたが、髪型が崩れないように現代の傘が発達しました。傘は物価の安い江戸でも比較的高価でした。

 無駄をしない江戸時代は、破れた傘の下取りがあってそれを張り替えて使いました。

 またカッパも次第に流行していきました。和紙に油を塗ったものは軽いし嵩張らないので重宝がられました。

 時代劇のやくざが着ている、表地と裏地の間に防水用の油紙を入れた「引廻し合羽(ひきまわしかっぱ)」は旅人は誰でも使っていました。

 日本は温帯性気候なのに、亜熱帯ほどの降雨なので、雨道具は大変発達しました。

 さらに町人から農民までが、お伊勢参りなどは許されていたため旅行が盛んでした。貴族と違って自分で旅道具を持って歩くので、軽くて小さくなる小道具が発達しました。

 小さくしたり、折りたたんだり、軽くしたりは当時から日本のお家芸でした。

 現代でも日本の小さくする技術は世界有数です。ちなみに世界を制覇した折りたたみ傘は日本の発明です。そういえば盆栽が世界的に流行しているそうです。



2018年6月6日(水)23:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理


(1/232ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後