Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 


新しい順に表示

お休み

 昨日までとても忙しかったので、今日は一日中家でのんびり過ごしました。

 本を読んだり、TVを見たり、映画を観たりしました。やっぱり映画は一番充実した時間のように感じました。

 TVは見たあと何も残らない傾向が強く、本はよほど面白くないと読み続けるには根性がいります。

 映画は観ているだけで、それなりに感情移入出来て、時間を潰すには最高です。

 HULUはとても便利で、知らない映画をふと観る気になります。



2017年1月22日(日)23:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

トランプ大統領

 新大統領のニュースばかりです。実際に政策を実行するにはそれほど自由にはならないだろうし、今までのアメリカの政策も、口にはしなかっただけでそれほど世界の正義を守ってきたわけでもありません。

 経済関係、大企業などはトランプ大統領の言葉に右往左往していますが、普通の平凡な市民には今のところ何も影響がない気もします。

 今や経済に国境はなく、一部の国に関税を掛けても他の国から迂回して輸入されるのは明かです。

 アメリカ経済一つを取っても、安さを求めて労働者を不法移民に任せているのはトランプ氏の言っているとおりです。これからの企業はコストだけでなく、労働者のためとか、国内の産業を守るとかなど社会的責任も負う必要があると思います。

 トランプ大統領の演説はとても過激で、幼稚で、拙いけれど、全く的外れでないところもあります。

 言っている内容より、これから無茶な方法をとるのではないかと心配しています。

 けれど周りの人達、議会が上手く制御するのではと楽観しています。

 



2017年1月21日(土)23:30 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

エジプト

 「Pen」の2017年1/15号 「古代の美を探して、エジプト」を読みました。

 雑誌ですが詳細に書かれており、さらに写真、図も多く入門編にはとても良い本でした。何しろエジプト文明は3000年続いたので、どの時代を取り上げると言ってもきりがありません。

 本書では第4王朝、18王朝、19王朝が取り上げられております。またエジプト考古学博物館、大英博物館、ルーヴル美術館、メトロポリタン美術館、ベルリン新博物館のそれぞれの至宝を紹介しています。

 中でも大英博物館ロゼッタストーンは、ヒエログリフの解読への鍵となった奇跡の石です。以前解読に至るまでの各国の競争のTV番組を見たことがありますが、本書でも詳しく書かれていました。

 



2017年1月20日(金)23:50 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理

「ひと本 石田屋」

 東京の東上線上板橋駅にある「ひと本 石田屋」は老舗で和菓子、洋菓子の店だそうです。
 栗どら焼きと、栗饅頭が有名で今回は栗饅頭を頂きました。

 通販はしていないので、朝早くから並んで購入された貴重な物です。



 老舗のお菓子だけあって、奇を衒わず正統派の本格的な栗饅頭でした。


2017年1月19日(木)23:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

毎日寒い日が

 毎日寒い日が続いています。今年は日本中寒波が長く雪が多い年となりました。

 静岡県西部は寒さもさほどでなく、雪はちらついても積もることは殆どありません。今年は積もるのではと密かに期待していますが、少し降ったのですが全然積もりません。

 積雪を見たことがない子供達のために、毎年トラックで雪を運んできて公園に雪山を作ります。

 雪国の人に話したらとても驚いていました。またこちらへ引っ越してきた方は、「雪が降ると大人まで喜ぶのが不思議。」と言っておられました。

 雪国では雪が降り出すと、今年もとうとう冬が来て除雪など大変になるとウンザリするのだそうです。

 静岡県は日本でも、もっとも暮らしやすい気候の地域だと思います。その代わり根性がないかもしれません。地道な努力とか、辛抱とかは苦手かもしれません。

 おかげでお人好しが多く、優しい人が多いような気がします。

 こういった傾向は南へ行くほど顕著になり、南国の人達は豊かなので、穏やかでお人好しが多く、あくせく貯金しようとも思わない人が多いと言えます。
 
 熱帯の人達は、完全に飢えることは無いかもしれません。本当に食べる物が無くなれば、ジャングルに行けば何か食べる物は必ずあるわけです。

 インドネシアなど田植えをしている横で、稲刈りしています。米など4ヶ月もあれば採れるので、少しの蓄えが在ればさほど困りません。

 冬が来ないところでは「蟻とキリギリス」の話のようにはなりません。一年中歌ってばかりいても大丈夫です。

 人間進歩のためには、ある程度の試練が必要なのです。そう言えば以前静岡県の小学校全国試験で、ビッケだったことがありました。全国一番は山梨か、長野県だったような・・・

 冬は雪と寒さで家で勉強するしかない県と、冬でもサッカーできる県の違いもあるのかなと(笑)



2017年1月18日(水)23:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

駄菓子

 大きなお寺の隣に住んでいたので、釈迦の誕生を祝う灌仏会(かんぶつえ)いわゆる花祭り、浄土真宗だから宗祖親鸞聖人の祥月命日の報恩講(ほうおんこう)、春季彼岸會(ひがんえ)、秋季彼岸會など屋台が出て賑わいました。

 境内だけでなく、自宅の前にもずらりと屋台が並びお祭りのようでいつも楽しく過ごせました。当時は出店も厳しくなくて、おかしな店もいっぱいありました。

 その頃からおかしな物を一杯買って食べていました。だから未だに駄菓子が好きです。お祭りの屋台を観るとわくわくします。

 家の裏はお寺の附属幼稚園で、毎日園児のお歌が聞こえてました。産まれた時からの所為か、うるさく思ったことは一度もありませんでした。

 最近保育園の設立に反対の意見があるようですが、個人的には子供の声ぐらいならと思うのですが、

 江戸時代に詳しい「杉浦日向子」氏は住んでいた京橋の長屋は隣との仕切りが板壁一枚で、隣の物音がはっきり聞こえたそうです。
 煩わしくはないかとの尋ねられ、「すぐに聞こえなくなります。」と答えられました。

 長屋の人はトイレも共用で、簡単な仕切りがあるだけで、覗こうとすればまるで見えるようなトイレでした。それも慣れてしまえばさほどの問題ではないようでした。

 でもやっぱりトイレ付きの家に住むことは、江戸っ子の憧れだったようです。



2017年1月17日(火)23:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪に集中

 世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪に集中

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000015-jij_afp-bus_all

 「裕福な個人と企業」に対する課税額を引き上げ、国家間の法人税引き下げ競争を終わらせる国際合意を形成するよう呼び掛けるとともに、企業のロビー活動やビジネス・政治における「縁故主義」を非難している。



 以前から感じていました。資本主義の行き詰まりを感じます。

 もうこれはどうにかしないと裕福な人は永遠に裕福となり、貧しい人は永遠に貧しいままとなりそうです。

 幸い日本ではそれほどのお金持ちはいないけれど、それでも貧困が世帯を超えて引き続きそうです。貧困であれば進学もおぼつかないし、成績も上がらない現状は皆が認めていることです。

 日本だけで税金を上げても、海外へ逃げられてしまいます。特に個人より企業は簡単に外国へ利益を移せるし、本社も移転できます。国際合意が絶対必要です。



2017年1月16日(月)23:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

愛を積むひと

 雪がちらついたりで、休みなのに家に閉じこもって本を読んだり、映画を見たりしていました。

 HULUを契約したので、いとも簡単に映画が見られて便利です。

 「愛を積むひと」を観ました。一見暗い映画かと思いましたが、とても良い映画でした。

 工場が経営難になり工場を閉めて、北海道で夫婦篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)の二人で新しい人生を始めた話です。仕事が無くなり手持ちぶさたの夫に、家を囲む石塀を作るように頼みます。

 所が拡張性心筋症という重い病気を抱えた良子は、病気の重大さを隠していましたが、突然亡くなってしまいます。

 石塀作りを手伝う青年・徹(野村周平)との交流や、娘・聡子(北川景子)との和解がいろんな事件をきっかけに進んでいきます。

 
感想:
 さほど重大事件でもないけれど、ほんの些細なことで人との繋がりや、気持ちの変化が細やかに描かれています。
 なんと言っても出演者の演技が素晴らしく、感銘を受けました。日常を自然に演じることの難しさ、夫婦の自然な愛情表現どれも素晴らしい演技でした。

 地味だけれど超お奨めの映画でした。

 
 映画館で観たらもっと感激するのでしょうが、TVだと気が散りやすくなかなか大変です。(笑)
 
 



2017年1月15日(日)22:31 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

マリアージュフレール

 フランスの有名な紅茶「マリアージュフレール」を頂きました。

 一番有名なセイロン ラトナピュラ(クラシック缶入)50g×1・マルコ ポーロ(クラシック缶入)です。

 結構なお値段ですが、日本茶に比べればそこそこの値段です。

 素晴らしい香りで大満足。



2017年1月14日(土)22:36 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

Honda Riding Assist

 倒れないバイクの発表に驚かされました。もちろんジャイロを使っているのでしょうが、走行時の操作性の邪魔になるのでは台無しです。

 ヒューマノイドロボットASIMOの二足歩行のバランス技術を応用した物だそうです。倒れないようにステアリング操作もしているようです。

 試作器とはいえ、とにかく驚きです。

 
 試作器と言っている内に、販売されるようになるでしょう。将に夢のような技術です。

 さらに進化してカーブも自動でハンドリングから、アクセル操作、傾けまでやってのけるかもしれません。

 

 

 



2017年1月13日(金)23:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理

センター試験を別の季節に

 1月14~15日はセンター試験です。毎年思うのですが、どうしてこんな雪が降るような季節に試験をやるのか、おかしな事です。

 11月とか3月とかにすれば問題在りません。もちろん3月では入学式に間に合わないとか理由はわかります。

 外国では多くの国で9月が新学期です。そのため留学する場合大変な無駄が出来てしまいます。

 そこで一気に新学期は9月、センター試験は7月にしたら全て解決です。

 本気になれば2年もあれば出来ることです。



2017年1月12日(木)23:19 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

退位問題

 政府は、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同時に元号を改める事になりそうです。

 新元号は元日から始めるそうです。解りやすくて良いのですが、外国の人、コンピューターでの処理、年数の計算など元号はとても不便です。個人的には暗算が苦手なので、元号で聞くと正確な年齢が解らなかったりします。

 消費税も安い方が良いけれど、8%は計算が難しく以前からの流れでは10%になる予定ですから、早く10%になって欲しいと思うくらいです。    

 元号法制定にかかる国会審議で「元号法は、その使用を国民に義務付けるものではない」との政府答弁がありますし、法制定後、多くの役所で国民に元号の使用を強制しないよう注意を喚起する通達が出されています。

 ですからお役所で西暦で書いても何ら問題在りません。所が書き込むところに西暦は書きにくくなっていて日本人ならたいてい元号で書きます。

 もちろん外国の方は西暦で書きます。

 元号を決めることは伝統だから否定しませんが、外国の人も増えているので、もう少し西暦も普及してもよいのではと思っています。

 何より元号が変わると判子を作らなければなりません。さらに書類なども新しい元号が必要になり、大量に破棄しなければならなくなります。

 

 元号とは直接関係在りませんが、外国では名前を書くことと、サインすることは違います。サインは日本の判子のように、真似られないような書き方をします。

 日本人の場合外国で名前を書いても、サインでも同じように書いて問題在りません。漢字は外国の人には決して真似られないようです。

 ホテルなどでローマ字以外に、漢字でサインを書いてとても喜ばれた事があります。



2017年1月11日(水)22:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 仕事の話 | 管理

映画「めがね」

でもって、映画「めがね」です。

 「かもめ食堂」の監督「荻上直子」による「小林聡美」、「もたいまさこ」のコンビの映画です。

あらすじ:
 飛行機で海辺の小さな町の民宿に来たタエコ(小林聡美)は風変わりな主人・ユージ(光石研)の対応に戸惑います。さらにメルシー体操とかき氷をふるまうサクラ(もたいまさこ)の異様な振る舞いにも馴染めなくて宿を変わろうとします。

 そのうちのんびりした生活に慣れて行きます。やがて夏が近づきみんなが去っていき、翌年また再会となります。

感想:
 テーマは良いけれど、話のもって行き方が好きになれませんでした。話は初めから見えているので、回りくどい感じです。宿の主人の対応もあまりにも唐突で現実離れして不自然でした。
 
 けれども浮世離れして自然に暮らす姿には感銘を受けます。もちろん小林聡美、もたいまさこの演技は申し分有りません。癒しの映画と言ったところでした。



2017年1月10日(火)22:24 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

オマール海老のビスク

 せっかくの休日でしたが、Huluを契約したので映画ばかり観ていました。レンタルショップではまず借りない古い映画も沢山観ました。

 昔の映画はテンポがゆっくりしていて、イライラすることもありますが、慣れると日常的なリズムなので疲れません。

 夕食はモスバーガーへ行きハンバーグ、フライドポテト、オマール海老のビスクを頂きました。オマール海老のビスクは季節限定でとても気に入っています。ただ今日は少し温く(ぬるく)少し不満(笑)


 夜もまたまた「めがね」という映画を見ています。映画三昧と言ったところ。

 



2017年1月9日(月)23:25 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

Towel Hanger 2

 先週に続いて、タオルハンガーをゲットしました。これは普段使わないときは折りたためて、じゃまになりません。


 使うときはこのように両端を持ち上げてタオルを掛けます。

 使わない時の収まりが良く、磁石で何処にでも付くので使い勝手も良く気に入っています。



2017年1月8日(日)00:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

新大井川4車線化工事

 昨年12月に見たときには、大井川橋締切工事が主でそれほど出来ていなかったのに、あっという間に橋脚が出来つつありました。

 工事は「ニューマチックケーソン工法」と言い、コップを裏返した様なコンクリートのお椀を作り、お椀の中に圧を掛けてその中を少しずつ掘っていきます。掘るとお椀は自然に下に下がり、その上にコンクリートの筒を載せていきます。掘るに従ってお椀と、筒が下がっていき次第に大きな橋脚にする方法です。

 一番手前の黄色の台形の物がお椀です。その次の少し黄色の物はお椀を作りかけています。その奥の2本はお椀はもう沈んで、その上に筒を重ねています。

 

  



 近くで見ると巨大な工事現場です。現在大井川の西岸の4本の橋脚を作っています。完成は今年の7月頃までだそうです。


 川の東岸から見ると、既に真ん中に去年完成した5本の橋脚が出来ていて、現在奥の西岸の4本が工事となっています。

 東岸の4本は多分今年の10月頃から工事が始まり、来年2018年の夏には13本の全ての橋脚が完成すると思われます。

 橋梁はそこから始まるので早ければ、2019年~2020年には橋の4車線化が完成です。

 牧ノ原トンネルは工事の兆しが無くて、その後となりそうです。新大井川より東は4車線化の工事が始まっており、橋が完成する頃には十分間に合いそうです。

 2019年から2020年頃には島田市野田~掛川市佐夜鹿迄のトンネルを除き全て4車線になります。

 島田市野田から東の藤枝バイパスも4車線化が始まりつつあります。その結果掛川バイパスだけが2車線のままになりそうです。




 



2017年1月7日(土)21:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理

Towel Hanger

 シャワーの時など、ちょっとタオルを掛けるのに便利なハンガーです。

 これは磁石になっていて、お風呂場や台所の磁石が付くところなら何処でも大丈夫です。

 欠点は磁石だから、重いバスタオルなどは落ちることもあります。中のゴムの部分が弱くなると同様に落ちやすくなりそうです。

 濡れた物を掛けるので、中を清潔に保つのも少し面倒です。



 このように、ちょいと掛けるにはとても便利です。普通に掛けるより乾きにくいので、短時間の使用に限ります。


2017年1月6日(金)14:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

動画配信サービス

 以前から検討していました。主なところでも「dTV」「 Hulu」 「U-next」「 Amazonプライム・ビデオ」 「TUTAYA」 「GYAO」 「ゲオ」などあまりにも多くて迷います。

 どれも一長一短です。以前から利用している友人に相談して結局Huluにしました。使ってみるとなかなか便利ですが、一ヶ月1000円程度で見放題だから、それほど新しい映画はありません。

 最近普通のTVが似たような番組が多くなって、これからは動画配信TVが盛んになりそうです。

 アメリカではCDレンタル店が、無くなりつつあるそうです。日本でもゲームなどでは課金にずいぶんお金を使っている人もいますし、音楽も有料でDLされています。

 まだ日本では定額見放題が主ですが、その内には最新映画を有料で見るようになるでしょう。そうはならないかもしれませんが、映画館にも行く必要が無くなりそうです。

 



2017年1月5日(木)21:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

行きつけのお寿司屋さん

 ちょくちょく行くお寿司屋さんの360°写真です。写真に撮ると、とても綺麗な店に見えます。

 カウンター右奥の額に入った酉の字は、知り合いの先生がお書きになった物です。素晴らしい書で迫力があります。

 単に書を撮るより、店の中と一緒に撮ると雰囲気がよくわかります。

   
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA




2017年1月4日(水)21:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

自動運転の車

 今年辺りから、自動運転の車の開発が本格的になりそうです。

 自動運転のレベルは0から4まであって、レベル3から加速・操舵・制動を全て自動的にコンピューターがします。必要が有れば運転者が操作を必要とし、事故の場合運転者の責任となるようです。

 各社レベル3を目指していて、2020年頃には発売されそうです。レベル3でも、多分普通は何もしなくても普通に走れそうです。

 もしレベル4の完全自動の車が普及すれば、トラック、バス、タクシーの運転手は失業です。大変な社会問題になりそうです。まあかなり先の感じもしますが、過疎地の路線バス等には結構早く導入されるかもしれません。

 過疎地では人件費のために、バスを走らせられなくて、1時間に1本なら良い方で、一日4本程度の所など珍しくありません。過疎地であれば交通量も少なく、決められた道を走るだけだから、運転手無しでも技術的にはそれほど難しくない感じです。

 たとえばですが、無人運転バスにモニターを付けておいて、中央でモニター見ながらいざというときは制御するのもありそうです。しかしこれでは人件費がかかってしまうけれど、一人で何台ものモニターが出来れば可能でしょう。


 新しい技術の導入は利点と、欠点があります。社会も大きく変わる可能性があり、国内では消極的だった政府も、外国でどんどん技術が進むので認めざるを得ない雰囲気です。

 こういった技術は新幹線のように、日本の得意な分野です。必ずや世界のトップクラスの自動運転システムを作りそうです。ただいつものように、T社、N社、H社とバラバラなシステムになるような気もします。

 レベル3の車が出たら絶対欲しいのですが、普段走っているとき何をすればいいのでしょう、多分眠くなりそうです。それに高そうだから考え物です。(笑)



2017年1月3日(火)01:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | 車の話 | 管理


(1/211ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン