Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



2018年2月を表示

無錫

 蘇州名物の松鼠桂魚と蘇州料理のお昼を済ませて、無錫へ向かいました。

  無錫は人口600万人以上の大都市です。無錫市域の南部は太湖が広がり中心を運河が通っています。とても古くから有った都市で、「呉」の国の発祥の地です。

 尾形大作の歌唱する「無錫旅情」で有名になり、ガイドさんが歌ってくれました。

 無錫の中心にある南禅寺は南朝(西暦420年~589年)から有る歴史のあるお寺です。周辺には門前町には商店街があります。

 すぐ近くの運河のナイトクルーズにも行きました。



 妙光塔は43メートル有り立派な建物です。


 歴史のある古い寺なので、広場はそれほど広くありません。お参りの人が絶えません。


 仏像はキンキンキラキラで、いかにも中国風です。

 仏教が伝来した日本でも建造当時は金色でした。奈良の大仏も金色でした。なぜか日本では金箔が剥がれるままにされました。



 驚いたのは夜のライトアップです。まるでパチンコ屋のように電飾がものすごく、門は色が変わります。

 ちょっとついて行けない感覚でした。



2018年2月28日(水)23:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

蘇州 京抗大運河

 次は蘇州の京抗大運河に行きました。

 昔の水の蘇州の面影を保存してあります。

 現在の蘇州はかなり大きな街で、運河は沢山ありますが、昔の風景を見られるのはここだけだそうです。古い町には未だに住んでいる人達もいました。写真のように洗濯物が見られました



 漢詩に出てくる様な、風流な景色です。


 運河を利用した交通も少しはあるようです。

 岸辺には柳の木が並び、典型的な風景です。虎丘斜塔を遠くから眺め、刺繍工場見学。

 蘇州の有名な漢詩

  楓橋夜泊 張継
月落烏啼霜滿天
江楓漁火對愁眠
姑蘇城外寒山寺
夜半鐘聲到客船


  楓橋夜泊(ふうきょうやはく) 張継
月落ち烏啼きて霜天に満つ、
江楓の漁火愁眠に対す。
姑蘇城外の寒山寺、
夜半の鐘声客船に到る。

 寒山寺も訪問したかったのですが、今回は訪問しませんでした。この漢詩の所為で有名ですが、さほど見所がないそうです。刺繍工場見学よりかはましですが。

 今回のツアーは工場見学が多くて、ちょっと不満。

 



2018年2月27日(火)21:49 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

蘇州

 翌1月2日

 蘇州の偶園(ぐうえん)に行きました。個人的には拙成園(せっせいえん)が希望でした。拙成園はTVなどで見たことがあるので、これで良かったかもと思いました。

 



 偶園も同じような作りで、屋根付きの回廊式庭園でした。

 雨が多いため廊下に屋根が付いているのだそうです



 太湖から取れた奇石(太湖石)を庭に飾ることが富の象徴だったそうです。日本人の私には、あまり感動するような物ではありませんでした。

 客間など寒々しいのですが、当時は床暖房をしていました。ガラス窓はなかったけれど、窓には薄い絹の布を這っていたそうです。家具の多くは紫檀(ローズウッド)が用いられました。



水の州の名の通り、運河が発達していて、屋敷から直接船に乗れるようになっていました。


2018年2月26日(月)21:24 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

上海・蘇州・無錫・南翔

 2018年1月1日静岡空港から上海・蘇州・無錫・南翔に行ってきました。

 Blog サイトにアクセス出来なかったので、今日から旅行記を書くことにしました。

 静岡空港からなので、元旦でも混雑は殆ど無く順調に搭乗できました。



 ただ15時40分発のため上海には18時15分到着となります。さらにそこから無錫のホテルに向かい、ホテル到着は21時過ぎでした。

 無錫のホテルハイアットは豪華なホテルで良い感じでした。



2018年2月25日(日)14:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

もう最後と思っていましたが

 高木菜那の金メダルは、素晴らしいラストスパートでした。冷静なレース運びに感動を受けました。

 それにカーリングでは、際どいゲームを制して銅メダルとなりました。

  日本は9エンド、10エンド共に先行なのに続けてスチールとなりました。

 第10エンドの最後のショットは、イギリスが2点を取れる形でした。負けたと思いましたが、まさかの勝利でした。

 なにより日本チームが最後まで明るい感じで、勝敗以上に闘いぶりに好感が持てました。


 開催前はいろいろ言われていましたが、やっぱり始まると盛り上がりました。

 東京オリンピックも、さほど支持されていませんでしたが、近づいてくるとどんどん盛り上がるようになってきました。

 道路や、施設を充実させて、ホテルも沢山出来ています。しかしオリンピックの後の落ち込みが心配です。



2018年2月24日(土)23:31 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

負けましたが

 カーリングは出だしから苦しい試合でした。よくぞ追いついた展開でもう少しでした。

 まあ良く善戦し、満足しました。

 それにしても残念な・・・・

 
 このところTVばっかり観ていました。やっとオリンピックも終わり、普通の生活に戻れそうです。



2018年2月23日(金)23:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

女子パシュート

 すごいレースでした。タイム的には難しいかと思われましたが、連携の巧さで最後の2周で驚異的なタイムをたたき出し、オランダを圧倒しました。

 実に素晴らしい試合に感動しました。

 芸術点とか着地とかが無くて、実に解りやすい競技なので大好きです。

 今回のオリンピックで、一番の試合のような気がしました。



2018年2月22日(木)00:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

オリンピックを観るので

 仕事も、読書も全く進みません。(笑)

 結果が解っていると不思議に面白さ半減だから、なるべくライブで観ようとしています。

 小説やドラマと違って、あっけない結果になったり、ビックリするような結果になったり。本当にスポーツは筋書きの無いドラマです。



2018年2月21日(水)00:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

短編「時代劇」

 去年から藤沢周平の短編を読んでいました。殆ど読み切りました。

 今は山本周五郎の短編を読んでいます。

 どちらも同じような傾向にありますが、山本周五郎の方がより細かい設定になっています。特に地名など江戸時代を詳細に記述されています。

 あて字のような漢字が多くて、読むのに苦労します。

 山本周五郎は沢山読んでいくと、傾向が似通って来るのに対し、藤沢周平は話が豊富です。

 そろそろ読み終わってしまいそうなので、次はどうしようかと思っています。

 長い話は苦手で、短編集だけにしています。






2018年2月20日(火)22:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理

Blog 復活

 長い間サイトが繋がりませんでしたが、急に復活しました。

 今日から再開となりました。



2018年2月19日(月)21:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理


(1/1ページ)