Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by Apr/21/2008

月は移って花影欄干に上る

 名詩メルマガ/吟遊に乾杯!    2008.3/20  Vol-69 

 漢詩鑑賞メルマガから送られてきた詩ですが、将に春にふさわしい物でした。
後半の二句は特に有名です。

夜直     王 安石

金炉香尽きて漏声残す
剪々たる軽風陣々寒し
春色人を悩まして眠り得ず
月は移って花影欄干に上る

<日本語読み>
やちょく    おう あんせき

きんろ こう つきて ろうせい ざんす
せんせんたる けいふう じんじん さむし
しゅんしょく ひとを なやまして ねむりえず
つきは うつって かえい らんかんに のぼる
             
<漢詩原文>
夜直     王 安石

金炉香尽漏声残
剪剪軽風陣陣寒
春色悩人眠不得
月移花影上欄干

<語句の解説>
夜直・・・宿直、の意。ここでは、宮中に宿泊する、の意。
金炉・・・香を焚くきれいな炉、の意。
漏声・・・水時計の音、の意。
残・・・・小さくなって、の意。
剪剪・・・風がそよぐ、の意。
陣陣・・・ひとしきり、の意。

<通釈>
 金炉で焚いていた香も尽き、水時計の音も次第に小さくなった。
 そこへ微風が吹いて、ひとしきり夜の寒さが感知される。
 春の気配は人を悩ませるもので、なかなか眠りにつけない。
 時間ばかりが過ぎて、月光に照らされた花の影が今や欄干のところまで上がって来た。



Mar.21.2008(Fri)23:16 | Trackback(0) | Comment(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | Admin


(1/1page)