Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by --/9/2016

ギャンブル依存症

 カジノ法案には反対です。

 競輪が開催される街に住んでいましたが、開催期間は自転車泥棒、こそ泥などが激増します。カジノが出来た街は何処でも上品な街でなくなります。

 さらにカジノの中はホテル代は格安、ギャンブル収入があるから食事なども無料であったり、格安になります。これでは地元産業は太刀打ちできません。

 身ぐるみ剥がれた人達が売っていく、車買い取り業者、貴金属買い取り業者などが潤うだけです。


 カジノ法案を論じる前に冷静に考えると、既に日本には世界でまれに見るギャンブル解禁国なのです。ギャンブル依存症の率も世界一です、


 競輪、競馬、競艇全部合わせても日本のギャンブルの1割ほどです。

 9割はもちろんパチンコ、スロットです。「パチンコはギャンブルでなくゲームである。」嘘です、詭弁です。

 景品交換で勝った分はキャッシュになります。これをギャンブルと言わないで何というのでしょう。盛り場、、田舎の国道沿い至る所にあります。入場は成人なら何ら制限はありません。

 パチンコ人口は減少傾向ですが、売り上げは減っていません。つまり一人当たりの売り上げが多くなっているのです。将に依存症を作り出しています。

 こんな国は、世界中見渡しても何処にもありません。ギャンブル法案を論議する前に、日本中のパチンコの景品買いを禁止すべきです。

 そうはいっても、パチンコ業界はもう大きくなり過ぎで誰も手をつけられません。

 最近ギャンブル性が高すぎると出玉率を規制していす。子供だましにしか思えません。



Dec.9.2016(Fri)21:56 | Trackback(0) | Comment(0) | 今日の出来事 | Admin


(1/1page)