Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by Jul/10/2011

武士の家計簿

武士の家計簿

監督 森田芳光
原作: 磯田道史

出演:
堺雅人 (猪山直之)
仲間由紀恵 (猪山駒)
松坂慶子 (猪山常)
草笛光子 (おばばさま)
西村雅彦 (西永与三八)
伊藤祐輝 (猪山成之)
藤井美菜 (猪山政)
大八木凱斗 (猪山直吉)

あらすじ:
 会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けるという構造的な問題があった。猪山家の家計が窮地にあることを知った直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断、家族全員で倹約生活を行うことにする。

感想:
 2010年12月4日の公開で観たかったのですが、チャンスが無くて見損ないました。あっという間にDVD化されました。

 元々は「金沢藩士猪山家文章」という武家文章に、精巧な「家計簿」が例を見ない完全な姿で残されていた。国史研究史上、初めての発見で、当時の金融破綻、地価下落、リストラ、教育問題など、まるで現代の我々が直面しているような問題をすべて経験していたのです。新書ですが、映画のような事件はほとんど無くて、歴史資料書の解説のような本です。

 映画では巧みに事件を挿入し、娯楽性を高めています。残念なのは映画の中の武家の所作が、それほど本物っぽくないことです。映画だから仕方ないとはいえ、せめて言葉使いだけでも武士らしくしてほしいと思いました。



Jun.10.2011(Fri)23:56 | Trackback(0) | Comment(0) | 映画  ドラマ TV | Admin


(1/1page)