Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by Jul/17/2011

路面電車を考える

 東京には大変な数の路面電車が走っていました。車のじゃまになるといった理由で廃止されてしまいました。 赤字も廃止の原因ですが、赤字になった原因の一つに、料金値上げが許されなかったこともあります。

 車に乗っていると、特に運転していると道路は見ていても町並みは殆ど見られません。

 地下鉄は駅から駅であってもちろん景色は全く見えません。電車もそれほど町並みは見られません。大きな建物や、看板ばっかりですし、町の真ん中を走ってはいません。

 一番路面電車に近いのがバスです。路面電車が廃止されたのもバスで代用できる事にありました。バスと路面電車の一番の違いは、その速度かもしれません。バスはきっと速すぎるのでしょう。町の景色が見られません。だから実用性はやっぱりバスに敵わないのでしょう。

 路面電車がバスより優れているところを考えてみると、
 ゆっくりした速度で、乗り心地がよく町並みがよく見える。けれども速度が遅いのは欠点でもあります。        
 細い裏道や、専用軌道も通るので、バスより直線的に走れる。しかし線路脇の家は騒音が迷惑。
 電気だからもちろん排気ガスが出ない。しかし電気バスも可能ではあります。
 線路があるので行き先がはっきり判り、初めてでも乗りやすい。

 う~~ん、こうして考えてみるとあんまりメリットがありません。
     バタリ (o_ _)o ~

 学生時代路面電車で通っていた所為もあり路面電車が好きで、何とか路面電車を擁護したいのですが、やっぱり廃止は仕方なかったのか~~

 でもでもヨーロッパの古い町には、沢山の路面電車があります。旅行者にはとても安心で、便利な乗り物です。急速に高齢化する日本も、効率だけを考えない暮らしを大事にするヨーロッパを見習う時期に来ているのかもしれません。



Jun.17.2011(Fri)23:32 | Trackback(0) | Comment(0) | 車の話 | Admin


(1/1page)