Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by --/10/2019

クラウドSIM

 クラウドSIM、または、バーチャルSIMとも呼ばれます。 SIMカードを通信端末ではなく、クラウドサーバーで管理するという次世代型の通信技術のことです。

 普通のスマホには1枚か2枚のSIMカードが入っていて、そのSIMカードの会社との契約で通信、通話をします。

 それに対して、クラウドSIMシステムでは、このSIMカードを通信端末ではなく、世界WiFiのクラウドSIMサーバー上で管理しています。世界WiFiの各端末にはコントロールSIMと呼ばれるソフトウェアが組み込まれており、このコントロールSIMに対してクラウド上のSIMカードを割り当てることで通信を可能にしています。


 簡単に言うとSIMカードの関係を「1:1」(1端末、1SIM)から「1:複数」(1端末、複数SIM)へとに変えられるようになりました。

 


 外国に行くときは、現地のプリペイドSIMを入れるのが一番安く済みます。

 次が日本で現地のSIMを購入しておいて、向こうに着いたらアクチベートする方法です。

 次がレンタルWiFiルーターですが、あまり安くありません。

 クラウドSIMならネット環境で、それぞれの国の料金プランを購入するだけで、使えます。

 WiFiルーターとスマホがあります。

 
 スマホタイプですが、それほど高価ではなくて2万円以下です。世界中でSIMカードを入れ替えなくて済みます。
 



 WiFiルーターの最近型です。SIMカードを入れるスロットもあり、現地SIMを購入してそちらを使うことも選択できます。


 これもWiFiルーターですが、画面表示が出来てバッテリー容量も沢山です。ただとても重いのが欠点です。

 どちらも18000円前後なので、1~2回レンタルWiFi借りる金額で元は取れます。さらにルーターなので5人くらいまで使えます。


 年に2~3回以上外国に行く人には、一番良い選択かもしれません。

 料金プランは絶妙で、世界中で使える設定や、ヨーロッパ中で使える設定、その国だけで使える設定、有効期間も1日だけから365日間有効のプランがあります。



Dec.10.2019(Tue)20:32 | Trackback(0) | Comment(0) | 仕事の話 | Admin


(1/1page)