Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



道行初音旅

 文治元年(1185)頼朝に追われた源義経と静御前は、弁慶らと共に吉水院に隠れ住みました。ここが義経と静御前が過ごした最後の場所となりました。

 歌舞伎と人形浄瑠璃にも有名な「義経千本桜」という演目があります。とての長い話で五段目まであります。平家と源氏の争いのあと、源義経が兄源頼朝から追われる事になり、生き延びていた平家の武将達持も絡んだ話です。

 四段目の「道行初音旅(みちゆき はつねのたび)」は舞踊となっています。静御前は三段目で義経とはぐれてしまい、静を守る義経の家来、「源九郎忠信(げんくろう ただのぶ)」と共に義経に会いに行きます。

 道行きは普通恋人同士なのですが、忠信は家来なので厳密には道行きではありませんが、二人は恋人のような踊りを繰り広げます。忠信は時々居なくなったりしますが、静がいつも持っている「初音の鼓」(つづみ)を打つとかならず姿を見せます。実は忠信は狐なのです。

 歌舞伎では背景に満開の吉野桜が描かれます。最後の狐六法(きつねろっぽう)は見所の一つです。宙づりの演出もありますが、個人的には普通の狐六法が好きです。

 そう言えば門前町のお店に「初音」の店名がありました。



2018年4月12日(木)13:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


FX自動売買 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック
本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪