Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



スペイン旅行記5月4日 トレド その4

 次にサント・トメ教会を訪問しました。
 私の苦手なエル・グレコの「オルガス伯の埋葬」の絵があります。

 この絵は、死後に伯爵位を綬爵されたトレド出身のオルガス首長ドン・ゴンサロ・ルイスが1312年に死去したときの伝説を題材としています。



 街角に「ダヴィデの星」(六芒星、ヘキサグラム)のタイルが見られます。この辺りはユダヤ人街でした。


 とても狭い路地はイスラム建築の特徴です。

 土地が狭いので通路の上にも部屋を作りましたが、当時は照明器具も無く、道路が暗くなるので普及しなかったそうです。



 お終いに象眼の店に行きました。

 ふと見ると、添乗員さんがいつの間にか着替えて扮装しているかと思いましたが、サンヨ。パンサの等身大の木彫りの像でした。



 サンチョ・パンサとうり二つです。

 今回の添乗員さんは、今まで経験した中で飛び抜けて一番の添乗員さんでした。

 ここに書いた数倍の説明を聞きましたが、殆ど忘れました。手配も抜群です。おみやげ物屋さんでも、正確な情報で、押し売りみたいな事は全くありませんでした。

 日本からポン酢などの調味料を持ってきて居ました。初めのうちは使いませんでしたが、3日ほど経ちお醤油の味が恋しくなり、豆腐のようなチーズにかけたら抜群でした。段々みんながポン酢を使うようになりました。

 旅行者のみんなの人気者になり、一緒に写真を撮ったりしていました。

 旅行は添乗員さんの力量も大事です。



2018年5月4日(金)15:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | 楽天市場