Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



トランプ大統領

 来月にはトランプ氏が大統領になり、一体どのようになるのか予想が付かないようです。

 少なくともアメリカの利益優先の路線は間違いなさそうです。経済的混乱を憂慮する意見もあるようですが、今まで安い労働力を求めて、海外に工場を造り続けていた大企業も、アメリカへ戻る傾向になりそうです。

 これはそれほど無謀な政策とは思えません。イギリス、EU、日本も国内では空洞化、低賃金労働になっています。

 ある程度国内に工場が戻れば、高賃金、人手不足の問題はあるにせよ、労働者には有利な事になりそうです。

 ビックマウスのトランプ氏が言うように、中国に対して45%の関税を掛けるなどの暴挙は不可能でしょうが、対等の関税にまですることは可能でしょう。

 一番問題なのは今まで労働力を提供してきた、発展途上国は先進国からの投資も少なくなり、失業者が溢れる可能性があります。

 結局何処かが潤えば、何処かが貧すると言う単純な形です。貿易の収支も何処かが黒字なら、何処かが赤字に決まっています。

 けれど経済を本職にしている人にとっては一大事ですが、その傾向になっていくだけで、極端なことには成らないように思います。

 トランプ次期大統領の経済政策は混乱は起きてもそれなりですが、外交問題特にNATO、日米安保などとても過激な発言が多く大変心配です。単なるビックマウスで済めばいいのですが、人選を見ても強硬路線の人が多く、中国などは国内問題もあり過剰に反応しています。

 来年は激動の年になる予感!

 



Dec.22.2016(Thu)23:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 今日の出来事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)