Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



大鹿村騒動記

大鹿村騒動記

企画・監督:阪本順治

配役:
風祭善(「ディア・イーター」店主:景清) - 原田芳雄
風祭貴子(善の妻) - 大楠道代
能村治(善の幼なじみ) - 岸部一徳
越田一平(バス運転手) - 佐藤浩市
織井美江(村役場総務課) - 松たか子
大地雷音(「ディア・イーター」アルバイト) - 冨浦智嗣
柴山寛治(郵便局員:黒衣) - 瑛太
重田権三(土木業:畠山重忠) - 石橋蓮司
柴山満(白菜農家:三保谷四郎国俊) - 小倉一郎
津田義一(歌舞伎保存会会長、貴子の父) - 三國連太郎

あらすじ:
 風祭善は、大鹿村で鹿肉料理の食堂「ディアイーター」を営んでいます。善は、300年以上前から伝わる大鹿歌舞伎の役者でもあります。

 定期公演を間近に控え、仲間と稽古をしているところに、能村治と風祭貴子が現れます。善と治は幼なじみ、善と貴子は夫婦であるが、3人でディアイーターの営業を始めようとした矢先、治と貴子は東京へ駆け落ちしたのでした。

 貴子は脳の疾患で記憶障害が現れ、治は貴子の面倒を看ることができなくなったのでした。

感想:
 出演者を見ただけで、凄い役者さんばっかりです。これだけ上手い人が多いと普通の役者さんが入っただけで、不自然さが目立つ物です。台詞といい間の良さといい見事としか言いようがありません。

 梨園の出身の松たか子が、歌舞伎には直接関係しないのも面白い気がしました。

 大楠 道代 (旧姓:安田)の演技も、とてもリアルでしたが、歌舞伎の台詞は女性の所為もあるのでしょうが、やや歌舞伎っぽくないような所が気にはなりました。

原田芳雄と、岸部一徳のやりとりは、もう上手すぎて言葉がありません。石橋蓮司、三國連太郎、佐藤浩市と来ればもう最強の組み合わせです。
 歌舞伎シーンが長いので、歌舞伎に興味がない人には、難解な面もあるかもしれませんが、素晴らしい映画でした。

 歌舞伎は好きで沢山観てきましたが、この外題は初めてでした。調べてみると大鹿歌舞伎のみに残る外題だそうです。



Jul.17.2011(Sun)23:06 | Trackback(0) | Comment(0) | 映画  ドラマ TV | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)