Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



胄佛伝説

胄佛伝説 [単行本]

河村 隆夫 (著)
出版社: 静岡新聞社

 先祖代々伝えられてきた冑仏と出会い、歴史の闇に埋もれていたこの「小さきもの」を白日の下に呼び戻すまでの経緯を綴る。小さな歴史と大きな歴史の交錯の中から生まれた、切ない思いと深い祈りが託された物語。

 茂木健一郎先生序文

 小さな歴史と大きな歴史の交錯の中から 
          茂木健一郎 (脳科学者)

脳科学者 茂木健一郎氏推薦

 河村隆夫さんがふとしたきっかけで先祖代々伝えられてきた冑佛(かぶとぼとけ)と出会い、歴史の闇に埋もれていたこの「小さきもの」を白日の下に呼び戻すまでの経緯は、それ自体が一つの見事な物語のようです。

「冑佛など、見たことも聞いたこともありません」 という専門家たちの頑ななまでの否認から、ついにはNHKの大河ドラマの一シーンに姿を現すまで、その紆余曲折に満ちたストーリーは、「冑佛」という存在のかわいらしさや切なさと相まって、人々の心に深く訴えかけるものがあるのではないでしょうか。

 河村さんは静岡の旧家の出身で、若くして作家を志し、将来を嘱望されましたが、ご家庭の事情で故郷に帰り、その後は学習塾を経営しながら、独自の研究と文章修業に励まれてきました。私は機会あって親しくさせていただいておりますが、その温厚でしかし一本筋の通ったお人柄は、渡辺京二さんの名著『逝きし世の面影』のごとく、忘れていた大切な何かを思い起こさせます。

 歴史の転換点を迎えた今日の状況の中、切ない思いと深い祈りが託された「冑佛」の物語が、世に出ることを願ってやみません。

感想
 昨日寿司屋で作者本人に会いました。この手の本は超苦手なので、強く固辞したのですが、進められました。 
 作者本人のプレゼントを断るのも何ですから、一応読みました。

 それで感想は・・・う~~ん何というか、無いと言うことで。                



Mar.7.2011(Mon)22:20 | Trackback(0) | Comment(1) | 書籍 (短歌、漢詩) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: 感想お待ちしております!!

早野先生!
ブログ見つけました!
タイトルが早野先生らしいですね!
素敵な日々をお暮らしですね。
憧れてしまいます。
ところで、
『冑佛伝説』の感想下さいねっ(笑)!


 by 河村隆夫 | Mail | HP | May.1.2013(Wed)06:35


(1/1page)