Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン
 原題 RATATOUILLE

 を観ました。

あらすじ
 料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。

 そこで働くシェフ見習いのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。その様子を見ていたレミーは、キッチンに入り込み、見事にスープを作り直すが、その姿をリングイニに目撃され……。 (シネマトゥデイ)

感想
 良くできた話でした。大人でも十分楽しめます。

 大体こういった話のおちは想像が付きますが、単にハッピーエンド以上の物がありました。

 原題に有るように最後に、厳しい料理評論家に、レストランの評価をかけて出す料理が、ラタツゥーユです。 
 ラタツゥーユは野菜の炒め煮で、フランスの家庭料理です。高級レストランで、勝負に出すような料理ではありませんが、レミーはこれで勝負します。

 勝負の結果、料理は芸術で、才能有る者にしかできないとか、高級でない料理は料理ではないとまで言っていたこの評論家に、高級店でなくても料理は作れるし、誰でも料理は作れると言わせます。

 ねずみのレミーを人に置き換えると、パリに料理留学した当時の日本人の様です。

 まだ日本に本格的な西洋料理が無かった頃、多くの日本人が、偏見や人種差別に苦労しながら、パリのレストランで、苦労を重ね、最後には日本人は素晴らしいと言われる迄になりました。

 何時の頃からか、フランス料理に日本の懐石料理の出し方や、飾り付けが持ち込まれるようになりました。

 フランス人は初め閉鎖的ですが、料理や、芸術の分野では実力を素直に認める所があるようです。帝国ホテルの有名シェフの村上さんだったか、そんなことを聞いたことがあります。



Aug.24.2007(Fri)23:05 | Trackback(0) | Comment(0) | 映画  ドラマ TV | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)