Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by --/7/2012

ガラパゴス

 DOCOMOの契約が減っています。携帯の性能も技術はあるのに、海外製品に押されています。

 そもそもNTTが圧倒的に力を持ち、現在でも国内各社の仕様から、台数まで支配してきました。その結果。「ガラパゴス」に成りました。

 携帯の調子が悪く、DOCOMOに何度も行き、ついにはメーカーに電話したところ、ソフトまでDOCOMOの指示を受けているとのことでした。

 しかしメーカーもDOCOMOの言いなりで、海外販売に力を入れなかったのは、自己責任です。


 ここに来てDOCOMOがもしi-Phone を販売することになったら大変です。今までのメーカーとの強い関係があります。半官半民のようなDOCOMOは国内メーカーを切り捨てるようなことは出来ません。殆どのメーカーは不況の真っ直中です。携帯部門の収入が無くなれば、さらに国内の景気に悪影響があります。

 DOCOMOは国内メーカーに対する横並び政策を破棄し、自由に競争させるしか道はありません。しかしもう手遅れの感があります。このままではi-Phoneを導入しなくても、サムソン、LG Electronicsにかなりのシェアーを奪われていくでしょう。

 一番問題なのはDOCOMOの料金体系が他社に比べ、高いことです。確かに日本全国くまなく繋がるように、採算を度外視し普及させた功績は認めますが、独占にあぐらをかき、メーカーを支配したつけがここに来て一気に露呈しました。

 旧国鉄、電力会社、郵便局みんな同じです。大改革が望まれます。



Dec.7.2012(Fri)23:43 | Trackback(0) | Comment(0) | 今日の出来事 | Admin


(1/1page)