Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



古今亭志ん生 〈増補新版〉: 落語の神様 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

 旅行の時読み終わった友人から貰いました。同じような話をかなり読んだことがあります。

 とにかく古今亭志ん生は破天荒な人でした。ですからごく普通の落語より、その破天荒さが出る噺は「とても面白いと思っています。

 この本では短いエッセーもも多く、対談などもあり充実した本です。

 落語家を真面目に評論してもどうかとは思っています。落語家はその高座なり、噺の評論だけで良いようにも思います。

 時々使われるギャグですが、
 「落語家は人生の落伍者」とか、
 「落語家は馬鹿では出来ない、でも利口者は落語家にならない」

 普通の人は普通の落語しか出来ない、破天荒な彼は破天荒な落語が出来たと言うところでしょうか?



Jul.9.2021(Fri)15:28 | Trackback(0) | Comment(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)