Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



新しいiPhoneが発表

 新しいiPhoneが発表され、まもなく発売です。
 毎回芝居じみた発表会は話題になります。

 日本はiPhoneのシェアーがとても高い希な国です。2017年でのシェアーは、62.2%です。Androidの2倍です。

 世界的ではiPhoneのシェアーは19.6%に過ぎません。は71.9%です。

 iPhoneのシェアーが高い国はもちろん一番が日本ですが、二番はオーストラリアで56.9%、三番がアメリカで53.8%す。


 日本人がブランド好きで周囲と同じものを好む強い集団意識があると言われます。確かに若い世代の人は友達が持っているから同じiPhoneをという傾向があります。

 個人的にはスマホの初期は圧倒的にiPhoneが優れていました。Androidはすぐにフリーズしたり、作動が不安定になったりしました。国産メーカは全くダメで、唯一サムソンのGalaxyだけが何とか使い物になる程度でした。

 この時爆発的にiPhoneがシェアーを延ばしました。今まで日本のメーカーはキャリアーの言うがままに製品を作り横並びでガラ携を作ってきました。
 傲慢なAppleはキャリアーに上から目線の交渉をし、キャリアーはAppleの販売条件を飲むしかなく、販売台数のノルマがきつくても条件を飲んで強引な販売をしてきました。

 取扱店でもノルマを達成できないと、次からiPhoneを扱えないシステムになっていました。iPhoneの無い携帯ショップなんて致命的ですから、日本中iPhoneを売りまくりました。

 売れればさらに人気が出て、ますますAppleは日本では力を持って行きました。製品の素晴らしさで力があるのは当然ですが、同じような性能なのに人気だけで支配しているのは、いわゆるブランド力でなのでしょう。

 Androidは世界中のメーカーの連合軍です。iPhoneはたった一社で作っています。もう世界ではブランド力ではなくて、実際の性能、使い勝手、コストパーフォーマンスからAndroidが支配的です。

 何時まで経っても、ブランド力が日本では圧倒的なのがとても不思議です。



2018年9月13日(木)21:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)