Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



東海道新幹線

 例年雪の季節になると、東海道新幹線は遅れがちになります。原因は関ケ原、米原辺りの積雪です。

 若狭湾から南は高い山が無いので、日本海側と同じ気候となり必ず雪が積もります。

 東海道新幹線が夜中まで走らせられないのは、ほぼ毎日線路を保線しているためです。

 東海道線の線路は石ころ、いわゆるバラストが敷かれていて、走る本数が多いと毎日丹念な保線が必要だし、雪が降ったら大量の水を撒くこともできません。さらに凍り付いた雪が落下すると、路線の石が巻き上がるので、徐行運転をしなければなりません。

 上越、東北新幹線の路面はコンクリートなので、保線も楽だし、水を撒くことも出来るようになっています。

 リニアーも良いけれど、京都から名古屋辺りまで路面を改修すれば一気に解決です。

 もし全線コンクリートにしたら、夜中まで走らせられます。東海道線は橋脚も古くなり、そろそろ全面改修が必要な時期にもなっています。

 毎日走っている新幹線の下を改修することは大変ですし、一時閉鎖が必要になるかもしれませんが、そろそろ改修の時期だと思っています。



Dec.27.2018(Thu)09:39 | Trackback(0) | Comment(0) | 今日の出来事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)