Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



アサヒ メディカル ウオーク

通常、歩行時に踵が着地するとき、太ももの骨に対し膝下の骨が少し外側に回旋します。この運動を「ScrewHome Movement」(スクリュー ホーム ムーブメント[略してSHM])といいます。この動きにより、膝への負担を軽減し安定性・支持性を確保するのです。

しかし筋力が低下すると、この回旋運動が不安定となり、場合によっては逆回旋することによって、ひざのトラブルが起こりやすくなると言われています。

踵から着地する際、踵から伝わる衝撃はひざの負担になります。はゴムの弾力で衝撃を吸収。さらに、スクリュー構造が体重圧を分散し、効率的に負担を軽減します。

 以前から長距離歩くと足が痛くなることがあり、ウオーキングシューズに変えたところかなり改善しました。 日本人は頻繁に靴を脱ぐ習慣があるため、どうしてもゆとりのありすぎる靴を履いています。つま先が浮いた履き方は転倒しやすく、なるべくきっちりした靴を履くことが重要です。

 この靴はそれに加えて子供の変形した足を矯正するスクリューを、大人の靴につけたものです。膝が無理なく回転しとても快適です。実際の効果はたくさん歩いてみないと分かりません。

 浜松市では一軒しか扱っていなくて、入手に苦労しました。この商品を扱うには講習を受ける必要があるとのことでした。浜松市は停電で暗い店内で靴を選びました。



2018年10月2日(火)19:24 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今日の出来事 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)