Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



ボヘミアン・ラプソディ

 今話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。
 素晴らしい音量と映画ならではの映像に圧倒されました。

 役者さんがクイーンの4人にそっくりなのに驚かされ、歌う姿は本物と区別がつきません。言葉使いもアメリカ語でなく英語でした。

 Gayについての描写が長く続き、少しうんざり君な面もありました。前半の音楽を作っていく姿、最後のライブ・エイドの場面は感動的でした。



「I Was Born To Love You」は最も好きな歌の一つでした。 



2018年11月26日(月)21:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)