Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



日々是好日(にちにちこれこうじつ)

 樹木希林が出えているので、見ました。

 題名の読み方が、普通は「ひびこれこうじつ」と読みますが、映画ではポスターにあるように「にちにちこれこうじつ」となっています。

 もともとは禅語なので「にちにちこれこうにち」とも読むようです。元は唐の禅僧の言葉のようです。

 監督:大森立嗣
 原作:森下典子

 配役:黒木華、 樹木希林、 多部未華子

 あらすじ;
 理屈っぽくて、おっちょこちょいの20歳の典子(黒木華)は本当にやりたいこともなく何となく大学生活を送っていました。

 茶道教室の先生である武田のおばさん(樹木希林)のお辞儀が素晴らく、感心した母親からお茶を習うように勧められます。いとこの美智子(多部未華子)と一緒にお茶を習い始めます。

 習ううちにだんだんとお茶の世界を好きになって、20年以上お茶を続けることになります。

 映画の大部分がお茶の席の場面です。その間就職、いとこの美智子の結婚、失恋、父の死などを経験して成長して行きます。

 感想:
 とにかくお茶のお稽古、お茶席も季節季節のお茶席の映像です。

 実に巣部位映画ですが、出演者3人が素晴らしい演技で、飽きさせません。大事件とか、ハプニングは全く無くて、淡々と話は進みます。

 大げさな演技は全く必要なく、難しい演技が求められますが、素晴らしい配役でした。

 樹木希林が亡くなったのは、実に惜しいと思わせる映画でもありました。

 



2018年10月15日(月)20:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)