Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



富士総合火力演習

 総勢7人で行くことになり、集合だけでも大変な騒ぎ。朝4時前から出かけました。

 前泊も考えたのですが、ホテルが全くなくて車で出かけ三島駅前の駐車場にイン。

 友人が迎えに来てくれ、7人が2台の車に分乗して向かいました。富士演習場から離れた駐車場に入り、そこから無料シャトルバスで演習場。

 大変な人出でしたが、自衛官の人の裁き方は見事でした。

 運良くスタンドの席となり、日差しは強かったけれど風もあり比較的快適に見学できました。

 



 お天気も良く、富士山を背景に演習が始まりました。なんと言っても一番驚いたのは洗車から撃つ大砲の音の大きさです。更に空気の振動(衝撃波)を感じます。花火大会の比ではありません。

 手前に見える人達はシーツ組です。一番前は演習に近いので人気があります。



 洗車からの一斉砲撃です。遠い目標に全て当たります。更に移動いながら撃っても全て当たります。

 いわゆるロックすれば、全て当たる仕組みだそうです。この技術がカメラの手ぶれ防止機能として、使われています。



 総合演習なので、空軍の戦闘機、ヘリも登場。パラシュートも、見事なチームワークでした。

 今回小さなカメラだったので、遠くを撮れませんでした。常連さん達は、長いレンズを持ってきていました。

 写真のようにお天気が良く、絶好の演習日和でした。



 思いの外演出されていて、勢揃いしてフィナーレです。

 会場が広いので遠近感が掴めず、写真を撮るのが大変でした。

 実際の迫力は、写真ではとうてい及びません。音だけでもショックを受けます。


 アメリカ映画を観ていると、歩兵隊が空爆を依頼した結果、味方に誤爆する場面が出てきます。

 大砲撃つにも、味方の歩兵がいる可能性もあり、情報と練習が大事だと痛感しました。

 



Aug.27.2017(Sun)23:45 | Trackback(0) | Comment(0) | 気紛れ写真 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)