Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



飯田線秘境駅号と高遠城址公園ライトアップ その15

 翌日やや曇りの中を、昨夜の高遠城址城址公園へ行きました。既に沢山の花見見物の人出一杯でした。一番のスポットの桜雲橋の辺りは特に混雑していました。


 昨夜八分咲きと思った桜も、5~7分咲きと言ったところです。公園の南西に「江島囲み屋敷」が有ります。添乗員さんが希望者を案内するというのでついて行きました。

 この屋敷は再現された物で当時の物ではないそうです。歌舞伎、映画などで有名な「江島生島事件(えじま いくしま じけん)」は江戸城大奥のスキャンダル事件とされています。実際には徳川家第七代将軍である家継の生母「月光院」と、前将軍家宣の正室「天英院」の派閥争いの面もあったようです。

 「月光院」に仕える御年寄「江島」が争いの犠牲になったようです。江島囲み屋敷はそれほど変わった感じではありませんでした。周りの桜はとても綺麗でした。

 江島は「浮き世にはまた帰らめや武蔵野の 月の光のかげもはづかし」と詠んだ歌を残して、遠流(おんる)の刑となり高遠に送られてきました。
 他の者は恩赦がありましたが、江島は許されることが無く33歳から61歳まで28年間の幽閉生活になりました。

 大正15年この地を訪れた斉藤茂吉は
「あわれなる 流され人の手弱女(たおやめ)は 媼(おうな)となりてここに果てにし」と詠んでいます。



 曇り気味の空でしたが、丁度青空が見えて良い写真になりました。

 この場所も写真スポットで、周りはカメラマンで一杯でした。



2017年4月22日(土)00:30 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気紛れ写真 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
添付画像
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買