Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



「酒にまじわれば」

酒にまじわれば (文春文庫) [文庫]
なぎら 健壱 (著)



内容紹介

かねてより著者の居酒屋ガイドや酒食のエッセイには定評がありますが、「朝日新聞」に2年にわたって連載されたこのエッセイの面白さは格別です。もとより酔っ払いの生態は、それぞれの呑み方の流儀にはじまって、酔い方、酔い心地にいたるまで十人十色です。だからこそ、面白い、切ない、哀しい、でもどこかおかしい。そこには、ひとの生き方、おおげさでなく人生の味わいがにじんでいます。それを描きだす著者の筆づかいは絶品です。このエッセイの締切りがある日だけはお酒を遠ざけていたそうです。著者撮影の酒場写真も加わり味わい深い1冊になりました。(NY)

感想:
 とにかく面白い本です。一つ一つの話が短く、事実が多いのでしょう、脚色が少ない感じです。著者は時に飲み過ぎて、いろんな失敗をやったことがあるそうです。この本の面白さは、そのまま本人の面白さでしょう。

 一気に読めてしまいました。超お奨めの本です。



Oct.30.2011(Sun)23:37 | Trackback(0) | Comment(2) | 書籍 (短歌、漢詩) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: まじわってみたいものです

お酒がまったく飲めません。
少し前までは、ファンタグレープでも酔っ払いそうなくらいで

お勤め時代、上司の明るい酔っ払いぶりに飲めないながらも月例会が楽しみでした。
正しい酔っ払いなんですよ、ネクタイ巻いちゃうみたいな・・
翌日何事もなかったかのように、登場されるのがまた楽しみのひとつでした。

ねこ先生は、ほんとうに幅広くおもしろい方ですね。

お酒も飲めると、また人生色々楽しめるんだろうな~と思って結局だめですねー。
うらやましい。。。

気軽にのっかってコメントするのも気が引けつつ、失礼しました。


 by ゆいまる | Oct.31.2011(Mon)13:44

 2: >ゆいまる 様

 私もお酒は全く弱いので、すぐに酔ってしまいます。
酔うと陽気になり、更に飲むと寝てしまいます。沢山飲める方が羨ましい。

 けれど飲める人は飲める人で、色々悩みがあるようです。


 by catschroedinger「ねこ」 | Mail | Oct.31.2011(Mon)19:27


(1/1page)