Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



「夏意」

 井上洸霊さんからメルマガが来ました。今まで知らなかった漢詩ですが、素晴らしいので転写しました。

人生に役立つ名詩メルマガ

 今回は北宋の詩人、蘇舜欽の名詩「夏意」をお届けします。
昼寝をしようと涼しい離れにゴザを敷いて、ごろりと寝転がると
すだれ越しに今は盛りと咲くざくろの花が見える。庭には涼しげ
な木陰が出来ている。そんな庭の風景を楽しんでいる中にいつの
間にか寝入ってしまった。夢から覚めた丁度その時、庭に遊ぶ
鶯がひと声美しい声で鳴いた、という最高に贅沢で羨ましい詩です。

「夏意」      蘇舜欽

別院深深夏簟清 
石榴開遍透簾明 
樹陰満地日当午 
夢覚流鶯時一声 

<読み下し文>
夏意        蘇舜欽

別院は深深として夏箪清く
石榴開くこと遍く簾を透して明らかなり
樹陰地に満ちて日は午に当たる
夢覚むれば流鶯時に一声

<日本語読み>
夏意(かい)             蘇舜欽(そしゅんきん)

べついんは しんしんとして かたん すずしく
せきりゅう ひらくことあまねく れんをすかして あきらかなり
じゅいん ちにみちて ひは みなみにあたる
ゆめ さむれば りゅうおう ときにいっせい

<語釈>
夏意:夏の気配、の意。
夏箪:竹皮や葦などで編んだ夏用のゴザ、の意。
石榴:ざくろ

<通釈>
屋敷の離れはひっそりとしていて、敷かれたゴザはひんやりして実に
涼しい。庭一面に咲いたざくろの花が、すだれ越しによく見える。
木陰が庭いっぱいに広がり、おりしも太陽は真南にかかっている。 
午睡の夢から覚めた時、枝を渡る鶯がひと声鳴いた。

<蘇舜欽一口メモ>
(1008~1048)・・北宋の詩人。、開封(河南省)の人。
進士及第後、県令、大理評事等となる。梅堯臣と並び称せられ「蘇梅」
といわれる。



Jul.2.2011(Sat)22:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)