Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



弦楽合奏

 今日は弦楽合奏を聴きに行きました。
  ニールセンの小組曲op.1

  バッハ管弦楽組曲第2番 ロ短調

  シューベルト弦楽四重奏「死と乙女」(マーラー編曲)でした。

 最後の「死と乙女」は難局です。4重奏では何度も聞いていますが、弦楽合奏は初めてです。どうかなと思いましたが、第4楽章もよく揃っていました。
 
 バッハの管弦楽組曲のフルート奏者の諸田大輔は、素晴らしい演奏でした。バッハは拍子が難しいのですが、まるで機械のように正確な演奏でした。指揮者はいるのですが、いまいち緩急に切れが無く、フルートが合奏団を引っ張っているようにさえ感じました。
 



Oct.22.2006(Sun)18:55 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)