Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



年末ジャンボ

 年末ジャンボ宝くじ、3900円当たりました。でも9000円買ったので、差し引き5100円の損でした。

 江戸時代にも「富」という現在の宝くじみたいなものがありました。江戸幕府公認のもので、神社仏閣の寺社再建とか、修復のために許されたものでした。始まりは、1730年の護国寺の富だったそうです。

 その後どんどん盛んになり、一年に100回以上富が行われるようになったそうです。そのうち「影富」という個人的な賭けが行われたり、「隠富」という水戸藩が行ったといわれるような、寺社仏閣以外にも違法な富が行われたりするようになりました。今で言う「ノミ行為」いわゆる「私設馬券」のようになったのです。富が本来の目的で無くなり、天宝の改革(1842年)で全面禁止になりました。 

 「富」は最高賞金が千両というのもありましたが、普通は百両でした。一両が8万から10万くらいとすると、百両はおおよそ1000万円~800万円でした。富札一枚は時代によっても違いますが、一分(一両の四分の一)で大体25000円~20000円でした。庶民にはなかなか手が届かない金額だったので、「割札」といって割り勘で買ったりしました。「影富」は庶民用で、一枚一文とか二文で、賞金も十文程度と気軽な遊びでした。

 現在の「宝くじ」のシステムも、競輪、競馬の「ノミ行為」も江戸時代とあんまり変わっていません。(笑)
 それにしても25%の寺銭はひどいよね~~



Jan.1.2006(Sun)23:15 | Trackback(2) | Comment(0) | 今日の出来事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)