Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



イゴールの約束

先日観た「ロゼッタ」に引き続き、ダルデンヌ 兄弟監督の映画を観ました。

「イゴールの約束」
監督 ルック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ 製作 1996年 ベルギー
出演 ジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメ

あらすじ
 違法な労働者にアパートや仕事を斡旋している父親と、父親の仕事を手伝いながら、自動車修理の仕事もしている息子のイゴール。イゴールにとって父親は絶対の存在で、日ごろの行動からしぐさ、もそっくりです。考え方もモラルも全て父親のコピーでした。
 そこへアフリカ系の不法移民の夫婦と子供が来ます。神を信じるこの親子にイゴールは一寸興味を抱きます。ある日その一家の父親が事故で屋根から落ちて、重傷を負います。イゴールは助けようとしますが、イゴールの父は面倒を恐れ治療もしないで、死なせてしまいます。死の間際に、その父親は妻と子供のことをイゴールに託します。
 父親の目を盗んで、何かと面倒を見ます。ドイツへ売り飛ばそうとする父親に背いて、この母親と子供をかくまいます。この母親の親戚が居るイタリアへ送ろうとするのですが、夫を心配するこの母親に最後の最後で、死んでしまったことを告白します。

感想
 ロゼッタのときと同様、やはり音楽が非常に少ない映画です。ラジオを付けていたり、酒場で歌ったりするとき以外、音楽は流れません。

 始まりからイゴールはお客の財布を盗んだりします。全くモラルも何にも無く、時には違法労働者を警察に売ったりする、お金の亡者の親父とそっくりです。観ている方も、嫌になるくらいモラルの無いえげつない子供として描写されます。

 所がわけのわからない宗教を信じている、アフリカからの不法移民の親子3人に興味を抱きます。事故をきっかけに、何かしらイゴールの中に良心のようなものが目覚め、絶対であった父親に背き、父親からの自立が見事に描かれていました。

 救いの無い生活から、最後には何か希望が見えてくるような、そんな筋立ては特に凝ったものではありませんが、実にリアルでした。



Dec.29.2005(Thu)23:32 | Trackback(1) | Comment(0) | 映画  ドラマ TV | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)