Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by Dec/4/2020

三島由紀夫没後50年

 浜松の小説家「渥美 饒児(あつみ じょうじ」氏の三島由紀夫コレクション展を見に行きました。


 渥美 饒児(あつみ じょうじ、1953年5月27日 - )氏は、日本の小説家。静岡県浜松市出身で、2010年3月より1年2ヵ月にわたり、『沈黙のレシピエント』を「ハワイ報知」「静岡新聞」に連載されていました。

 『ミッドナイト・ホモサピエンス』で第21回昭和59年度文藝賞を受賞。

 2003年、女子高生コンクリート詰め殺人事件を元にノンフィクション・ノベル『十七歳、悪の履歴書』を出版した。翌2004年にはこの本を原作とした映画「コンクリート」が中村拓監督、高岡蒼佑・三船美佳主演により上映されました。



 



 浜松文芸館は大変立派な建物でした。展示室はそれほど大きくなく、中は撮影禁止でしたが、ガラス張りなので外から撮影しました。


 三島由紀夫の殆どの小説の初版本が収集されていました。幼児期からの写真や、原稿も数多く展示されていました。


 この着物は映画「人斬り」に使われたものです。

 
 彼の作品は格調高く素晴らしいものでしたが、晩年は極右化し、「盾の会」を結成し、最後は自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)に突入しバルコニーでクーデターを促す演説をしたのち、割腹自殺を遂げました。

 当時の新聞や、ニュースも流れていました。

 大変優秀な人でしたが、極端な人でもありました。



Nov.4.2020(Wed)17:43 | Trackback(0) | Comment(0) | 書籍 (短歌、漢詩) | Admin


(1/1page)