Cat Schroedinger の お部屋
 
                           雑談の部屋です。
 



2018年9月3日を表示

明日にかける橋

 監督:太田隆文

 配役:鈴木杏/吉行みゆき
    板尾創路/吉行冬樹
    田中美里/吉行桐子
    越後はる香/吉行みゆき(少女時代)
    藤田朋子/里美先生

あらすじ:
 吉行みゆきは女子高校生だが成績は下がり、親とは断絶気味で、家出をしようとまでなります。

 弟の健太(田崎伶弥)を交通事故で亡くした後、母(田中美里)は入院し、会社がつぶれた父(板尾創路)は酒びたりの日々でついには亡くなってしまします。

 30代になった吉行みゆき(鈴木杏)は、田舎町で暮らす会社員ですが、健太が亡くなった日にタイムスリップし、やり直したいと願います。

 タイムスリップが現実となり、その時代に戻ってみると様々な事実を知ることになります。


感想:
 タイムスリップ物に整合性を求めても意味がありません。しかしあまりにも適当でややうんざりします。

 とても長い映画ですが、無駄な説明が多すぎてだれてしまいます。

 何より吉行みゆきの少女時代を演じる、越後はる香の科白は学芸会程度です。可愛いからといっても限度があります。

 恐ろしくひどい演技のため、周りが浮いています。地元の人たちの協力出演でしょうか、これもひど過ぎます。

 完成度が足りません。たぶん黒沢映画の100分の一位の時間と、予算で作ったのではと思えるほどの映画でした。



2018年9月3日(月)23:17 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画  ドラマ TV | 管理


(1/1ページ)