Cat Schroedinger の 部屋
 
                        雑談の部屋です。
 



Show by Dec/14/2016

アメリカ人のジャーナリスト

 酒席での雑談でしたが、中東問題について話をしました。

 日本で聞く中東のニュースはイスラエルの問題一つでも、偏りがある気がします。例えば明らかにイスラエルは核を保有しているのに、イランの核開発については厳しい態度をしています。

 明らかにアメリカはダブルスタンダードではないかなどと尋ねました。彼の答えはアメリカの新聞社、放送関係、銀行などのトップはユダヤ系が殆どで、イスラエルを非難することは御法度だそうです。


イスラム国のテロを容認は出来ませんが、あのようなことになった原因は、貧困と教育の問題も一因です。アメリカは民主化を進めるとしながら、サウジアラビアなどは王国で、王族の人達が富を独占しています。

 アメリカは決して正義の使者ではないのではと聞くと、そのジャーナリストの方は、もちろん外交政策などは自国のエゴであり、理由付けは何とでもなるのだと答えていました。

 日本で報道されるニュースはかなりアメリカよりの報道だと心する必要があるようです。

 結構真実というか、公平な意見はフランスのしかも二流紙みたいな物が確かだそうです。

 しかしそのフランスは一年前のテロで酷いことになりました。

 中東問題は、宗教、石油問題、大国の影響が複雑に絡み混沌としてカオスの状態のようです。

 報道も単に事件だけを報道するのでなく、根底の問題を接触的に取り上げるべきだと言うと、まさにその通りだけれど、中東の富を貧困なアラブ系の人に行き渡らせること一つ、殆ど不可能なことだそうです。

 そんなことなど百も承知で、ジャーナリストの人達はぎりぎりのところで仕事していることを知りました。



Nov.14.2016(Mon)23:43 | Trackback(0) | Comment(0) | 今日の出来事 | Admin


(1/1page)